小西のつぶやき

ひさびさのオフタイム

皆さんこんにちは!小西です

さてタイトル通り久々のオフタイムです
休日はちゃんとあるんですが、家事をしたりなんだかんだしていると
お昼になって疲れてお昼寝してしまうという…(ただの自堕落ですね
べ…べつに体力がないとかじゃないんだけどなぁ

ですので今回は、一日リフレッシュをかねて映画を見に行ってきました

実際に行ってきました!

今回はこちら

そうです、京都アニメーションの作品で世界的にも評価を受けている作品なのだそうです
京都アニメーションといえば非常に痛ましい事件があり、戦後最大の事件とまで言われています
まずは、亡くなられたスタッフの方々のご冥福をお祈りいたします。

さて、このアニメーション映画
学生や若者が映画館に見に来ているのかな?と思ったのですが
ご年配のお客様がおおいなっと感じました

ワクワクしてみたんですが、開始40分ぐらいでしょうか?
小西号泣…いやはや年を重ねるごとに涙もろくなったのでしょうか?
そしてクライマックス…またも号泣

この作品アニメでも泣きます
っというか、泣かないストーリーはありませんでした

そんなに泣くの?と興味を持たれたかたぜひ見てみてください(これ番宣みたいじゃ…

小西としてはこの作品、コミュニケーションに通じるものがあるなぁと見ていて思いました
現場でも、ひとえにお客様の気持ちに寄り添いますと言いますが
すごく難しいことですよね。
信頼関係や過ごした時間によって変わるものだと思います。

その中でヘルパーとしてコミュニケーションをとる際

人には言葉の表の意味や裏の意味を読み解いていかないといけない場面もあれば
表情を読み取り、信頼を築いていくことが大切ですよね。

その人の思いを掬い取り、読み解き理解することの難しさ
それをうまく理解したとき、相手のうれしそうな笑顔
原点に返ったような気持ちになりました。

相手にきちんと思いを伝える事
相手の気持ちをきちんと読み取り理解すること
身近な人だとどうしてもおざなりになってしまいがちですが

きちんと思いを伝えるということを

してみてはいかがでしょうか?

メールとかラインとかでもいいと思います。
ですが手紙とかも、筆圧や文字によって読み取れることが多いと思います
たまに手紙で思いをつづってみるのもいいと思いました。

以上小西でした。