ケアマネの独り言

ケアマネ的映画鑑賞記 ~沈黙 -サイレンス-〜

予告編はコチラ

遠藤周作原作の名作、沈黙を原作にした映画です。

大学生の頃に原作を読んで以降、長らく触れることのなかったお話ですが、Netflixのおすすめの中にあったのがきっかけで見ることにしました。

 

舞台は江戸初期、幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。

日本で捕えられ棄教 (信仰を捨てる事)したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは 日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。

日本に辿り着いた二人は弾圧を逃れる“隠れキリシタン”と出会う。必死で二人を匿うキリシタン達だが、やがて役人に捕縛され二人をかばうため苛烈な拷問の末に命を落とす。

やがてロドリゴもキチジローの裏切りにより囚われの身に。ロドリゴに棄教を迫る長崎奉行・井上筑後守は、すでに棄教し沢野忠庵という日本人となっていたフェレイラを引き合わせる。

二人の前には棄教を誓っているにも拘わらず穴吊りという拷問に苦しむキリシタン達。

フェレイラはロドリゴに言う。「お前が棄教しない限り、彼らを救えない」

守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。追い詰められたロドリゴの決断とは……。

 

……お察しの通り、激重・激暗・激胸糞の三重奏となっております。

崇高な信念と信仰のもと、自らの宗教とその教えを絶対の真理として広めようとするロドリゴは、禁教令により厳しくキリスト教が禁じられている日本に叩きのめされます。

ハクソー・リッジで主演を務めたアンドリュー・ガーフィールド。

彼を叩きのめしたのは、彼への肉体的拷問ではありません。

彼を守るため、言葉を絶する拷問に苦しむ人々の姿。

ロドリゴ達を匿うため、満潮の時だけ波で息ができないような所に磔にされる人々。

彼が棄教すると誓わない限り苦しめ続けられる人々の姿。

ロドリゴが棄教を迫られる際に見せつけられた穴吊りという拷問……。

これまでの生涯を捧げ信じ尽くしてたという存在、ロドリゴは神の救いを信じ、ひたすらに祈り続けます。

しかし神は沈黙を続ける……。

この苦悩にのち打ちまわり、やがて神への疑いを抱くようになり、そんな自分に苦悩するロドリゴの姿……筆舌に尽くしがたく残酷

精神的に、きます。ちなみに山田はこの映画のそういうところが好きですw

 

僕は宗教に関してはあくまでフラットな立場なので詳しく言及することは難しいのですが……キチジローという登場人物が示唆している人間の姿には考えさせられるものがあります。

窪塚洋介氏がそのみじめさも含めた好演ぶりを発揮。

キチジローは自らののために踏み絵を踏み、十字架に唾を吐きかけます。

ロドリゴはそんな彼を「悪にも値しない」と評しますが、まさにそういった弱き人こそ宗教の範疇にするべき存在ではないでしょうか。

教えに殉じ死んでいく強き者と殉教者に徹しきれない弱き人、神が救うべきはいずれなのでしょうか。

強き者しか救わないのであれば、弱き者は誰にすがればいいのでしょうか。

スターウォーズEP7・8でカイロ・レンを演じたアダム・ドライバーも宣教師・ガルペとして出演。

 

さてさて、この映画を見て山田が考えたのは、タイミング、についてです。

今現在、日本ではキリスト教に対する迫害なんてあろうはずもありません。

しかし、江戸時代初期は違いました。

もしロドリゴが現代に生まれていたら、劇中のような苦しみもなく布教活動ができたことでしょう。

江戸時代初期という時代はキリスト教の布教に適していなかった、ということもできるのではないでしょうか。

 

僕達が利用者さんやご家族さんと接する時、「今、こうしておいた方がいいのになぁ」ということが度々あります。しかし、そういう提案は大抵、却下されます。

それは、僕達の(少し先を予想した)提案が、利用者さんやご家族さんにとってはタイミングではなかった、ということなのでしょう。

僕達は利用者さん達の暮らし方、生き方を理解し、それぞれのペースで望むように暮らしていけるよう、それぞれのタイミングを尊重していくべきなんだと思います。

 

はてさて、ロドリゴがその後どのように生き、そしてどう死んでいったのかは、あらゆる惨たらしい場面を乗り越えたその先でご確認ください。

 

ケアマネ的視点

・信念に殉ずる姿は美しい。

・でも、弱くても生き抜く姿だって尊い。

・やっぱり、沼には何も育たない。

世界の中心で、ホルモンとさけぶ

居宅介護支援センターまごのて北山の絶対無二、唯一絶対の良心かつ紅一点であり僕達の女神様であるcutie安岡ですが、この度、産休+育休のため、しばらくお休みされることとなりました……。

僕達の心境の再現映像(大嘘)

当面のお別れということで、四条大和大路下るにある朱々というお店で送別会を開くことにした僕達。

悲しみに暮れる中、半ばやけになってホルモン+お肉を焼く僕達……。

僕達の心境と同じように涙……じゃなくて油を流すお肉。

そんな中でも、cutie安岡は外国人旅行客の記念撮影のお手伝いまでされていました。

神々しいまでの御姿……。

浅「姉御(僕達はcutie安岡のことをこう呼びます)がいないと僕達は……」

山「今まで僕達が仲良く働けていたのは、姉御のお陰です……」

佐「僕達だけじゃ、ぎすぎすした職場になってしまいます……」

と嘆く居残りメンバー達……。そして僕達は涙ながらにホルモンを焼くのでした……。

 

しかし、cutie安岡が帰ってくる場所を守り抜くのも僕達の役目!

今後とも、すっかりむさくるしくなってしまいますが、居宅介護支援センターまごのて北山をよろしくお願いします!

令和元年・ご利用者様満足度調査(居宅)のご報告について

 平素は当居宅介護支援事業所に格別のお引立てを賜り、厚くお礼申し上げます。

 さて、皆様に御協力いただきましたご利用者様満足度調査ですが、おかげさまを持ちまして88部配布中、66部の回収をいただきました。御協力ありがとうございました。

 つきまして、その結果と内容の分析についてご報告させていただきます。

1.サービス内容について

クリックすると拡大します。

 主に担当CMの業務内容に関する設問となっております。

 4設問において、約70%の満足とご回答いただいています。しかし設問2・3・4は79%の満足をいただいている一方、設問1「契約・担当者会議での説明はわかりやすかったか?」では満足が68%となっています。今後は契約書・重要事項説明書の説明、担当者会議における議事進行に際してはご利用者様、ご家族様にご理解いただけるよう配慮させていただく所存です。

 なお、当設問群において自由記入のご記載はございませんでした。

2.事業所の対応について

クリックすると拡大します。

 事業所全体の接遇に関する設問となっております。

 他の設問群と比較して満足の返答が少ないのが特徴となっています。その要因としましては、自由記入欄に記載していただいたように、事務所に電話をする機会がない、CMに直接電話される方が一定数おられることが考えられます。

 設問3「担当CM以外の職員にも相談しやすいか?」におきまして、満足が43%、普通が33%と大きな差がないという結果になっております。担当CMではない職員が対応した際でも満足いただけるような接遇が実現できるよう、研鑽を重ねていきたいと存じます。

3.担当CMについて

クリックすると拡大します。

 主に担当CMの対応についての設問になっております。

 設問1「CMの身だしなみは適切か?」設問2「CMの話し方は適切か?」につきましては約80%の満足をいただいております。話し方よりも身だしなみの満足度が低いことを鑑み、今後はCMとしてふさわしい服装となるよう、配慮させていただきます。

 設問3「CMは約束の時間に訪問しているか?」につきましては94%もの満足をいただきました。ただ、自由記入欄にて約束の時間より前に来る、というご指摘がございました。できる限りお約束の時間ちょうどに訪問させていただくよう、配慮させていただきます。

 設問4「CMはご本人、ご家族のプライバシーに配慮しているか?」につきまして、満足は79%をいただきましたが、第三者がいる場での会話は避けてほしい、とのご指摘をいただいております。ご本人様、ご家族様のプライバシーにしっかり配慮した上で業務にあたらせていただく所存です。

 設問5「CMは信頼できるか?」におきましては86%もの満足をいただきました。今後はより満足いただけるよう、職員一同誠実に業務にあたらせていただきます。

4.サービスの総合評価について

クリックすると拡大します。

 当事業所の支援の結果についての設問となっております。

 設問1「支援の結果、ご本人の生活は改善したか?」設問2「支援の結果、ご家族の負担は軽減したか?」につきましては満足はおおむね60%程度という結果になっております。特にご家族の負担軽減につきましては2%の不満を頂戴しているところです。変化がなかった、という自由記入もございました。CMの支援の結果がご本人の生活の質、ご家族の負担軽減により繋がっていくよう、CMの能力向上に向けて事業所全体で取り組みを検討させていただきます。

 設問3「支援に対して総合的に満足か?」につきましては、74%の満足をいただいております。今後はより満足していただけるよう、努力を重ねてまいります。

 5.自由記入欄

 趣旨に変更がない程度に一部修正を加えた上で掲載させていただきます。

・ご親切に対応していただいています。ありがとうございます×3

・もう少し介護サービスについて勉強されたほうがいいです。

・まだ慣れてなくて何をしていただけるか、何をしていただけないのかがわかりません。徐々にわかってくると思います。

・気持ちよくお話をしてくださり明確な説明で安心して喜んでおります。

・誠実に、的確に業務を処理してくださり満足しています。今後ともよろしくお願いします。

・現在は一人暮らしですが、将来同居した場合、ケアマネジャーさんの訪問は無くなるのでしょうか?

・いつも親切にして頂いてありがとうございます。

・色々なことで相談にのって頂き、ケアプランの計画等、家族の事など支援してくださり、非常に満足しております。これからもお世話になりますが、よろしくお願いいたします。

・病院の手配を迅速にして下さって有難かったです。

・親しみやすくてありがたい。

・これからもよろしくお願いいたします。

・これまでで結構です。

・年齢が若すぎるけどよく勉強されてると思う。

・いつもお世話になっております。今のところ問題なくおだやかに過ごしております。

・チェック項目で満足と普通の間やな~と思うこともあり、悩みました。「こうしてほしい」という事にはすみやかに対処してもらえてありがたいです。「こんなプランありますよ」の積極的な示し方があればもっといいかも、悩んでいる事は多いので……

・親切丁寧に説明をしていただき、多々お世話になり感謝、今後もよろしく。人様に社会に、子供にもなるべく世話になりたくない気持ちもあり、出来る限り、一人で頑張ります。

・通院の付き添いをして頂いたときは大変お世話になりました。気が短く自己中心的でわがままなので、ものすごく大変だったと思います。ありがとうございました。サービスの受け入れが出来てきてホッとしております。また何か予定を増やすときは慎重にお願いします。

・介護事業という貴重なお仕事に携わっている方々がこれだけの努力をなさっているのに報酬が上がらなかったり、外国人を入れてまで賃金カットしている現状、労働者、経営者、皆にとって苦しみで負担でしかないのは明白です。皆様の努力に感謝しております。

ケアマネ的ドラマ鑑賞記 ~Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜

Netflixにて独占公開された、ジミー大西氏の半生をもとにしたドラマ。

予告編はコチラ

 

小さな頃から何をやっても駄目だった大西は、担任の紹介で雑用係として吉本興業に就職する。

そこでも失敗続きの大西だったが、ふとしたきっかけで売れっ子芸人・明石家さんまと出会う。

自分に自信が持てないでいた大西は、「おまえは誰よりもおもろい」という明石家さんまの言葉に心揺さぶられる。

以降、明石家さんまを「若」と慕う大西であったが、そのまっすぐで純粋な思いが色々なトラブルを巻き起こすことに……。

 

という内容。

ジミー大西氏といえば、様々な伝説的エピソード(鎮痛剤の点滴を飲もうとする、嗅覚対決で警察犬に勝ってしまうetc…)の持ち主。

そういったものもふんだんに取り入れた今作は実にばかばかしくて笑いの絶えないよう内容ですが、それだけではありません。

自分らしく懸命に生きるジミー大西氏とそれを温かく見守る明石家さんま氏やその仲間達との絆は感涙物。。

小さな頃から失敗ばかりだったジミー大西氏が一人前の芸人に、そして一流の画家になることができたのは、彼の長所を活かし続けられた環境……明石家ファミリーの見守り……があったから。

環境からの刺激に自己は反応してしまう、の図。

認知症の方の介護に関してによく言われることですが、人間にとって置かれている環境というのは、重要。

もしジミー大西氏が彼の個性を欠点としてしか見ない環境に身を置いていれば、あのような活躍はなかったでしょう。

しかし、自分が身を置く環境を選びきれないのもまた事実。

であれば、自分がしたいこと、信じることに忠実であるべきなんだと思います。

ジミー大西氏にとって、それは「明石家さんま氏のそばにいること」。

その信念を貫き通したジミー大西氏がたどった数奇かつ愉快な半生とは……。

 

あと、明石家さんま氏を演じた玉山鉄二氏の熱演も見どころの一つ。

見よ! この二枚目を顧みない役者魂!

……この明石家さん、こんなだけど、泣かせます(涙

 

ケアマネ的視点

・人間、環境が大切。

・好きなことを続けていれば、道は開けるはず。

・一生懸命生きる人にはドラマがある。

ケアマネ的ドラマ鑑賞記 ~全裸監督~

Netflixで独占公開されているドラマ、全裸監督(予告編はコチラ)。

実在の人物である村西とおる氏の半生をもとに多少のフィクションを含めつつ作成されたドラマです。

 

時代は1980年。成績の悪い英会話教材の営業マンであった村西。

村西は一念発起し超やり手の営業マンに変貌を遂げるが、妻の不倫とチンピラ風の男・トシとの出会いを機にビニ本(ビニールで密封されたアダルト雑誌)の販売に参入。培った営業テクニックをフル活用し瞬く間に一大ビニ本販売網を構築、アダルト業界を席巻する。

しかしそれを快く思わないポセイドン企画・池沢と汚職刑事・武井の罠に落ち指名手配の後、逮捕されてしまう。

刑期を終えた村井が目の当たりにしたのはビニ本の終焉、そしてポセイドン企画・池沢が作り上げたアダルトビデオがアダルト業界を支配する、バブル真っ只中の日本。

村井は仲間達と共にサファイア映像を立ち上げ、持ち前のバイタリティーで池沢に立ち向かう……。

 

といった内容。

……まぁ、ご推察の通り、決して、絶対にお子様とは一緒に見られない内容となっております。

村西とおる氏とその運命を変えることになる伝説の女優・黒木香。

しかし、色物のB級ドラマと侮るなかれ。

このドラマを見る者は村西氏の『どんな時でも自分と仲間を信じ逆境に立ち向かい続ける』姿勢に圧倒・魅了され、そして『人間の欲という業の深さ』について考えざるを得くなります。

 

村西氏は、決して諦めません。ポセイドン企画・池沢が作り出す圧倒的に不利な状況に決して屈しないのです。

その根底にあるのは、いい物を作りたいという情熱

村西氏が作るのは当然、アダルトビデオです。村西氏は人間の性欲に真っ正面から向き合い、ただひたすらにいいアダルトビデオを作り続けようと奮闘します。

 

心地よくいたい、楽したい、楽しいことしたい……人間の欲求は、どんなもので覆い隠したところで決して消え去ることはありません。

決して逃れられない三氏。

それって、どんな仕事にだって関係してくることだと思います。

当然、僕達介護に関わる仕事だってそう……なはず。

利用者さん、家族さんの要望、ニーズの根源にはどんな形であれ欲求・欲望が含まれているはず。

そこから目を逸らさず、真摯な態度で向かい合い続ければきっとより良い解決方法が見つかる……はず。

 

はてさて、絶望的な戦いの末、村西氏がたどり着いた結末とはどんなものであったか……。

正直、必見ですっ!!

 

ケアマネ的視点

・みんな、楽しく楽して生きたい……はず。

・それはとても自然なこと。

・人間は人間をやめることはできない。

パンと犬を巡る一考察。

Cutie安岡はちょっとしたブレイクタイム柴犬まるのインスタなどをご覧になっています。

山「安岡メンバー、何見てるんですか?」

安「え、柴犬まるですよー。かわいいでしょ?」

cutie安岡を魅了してやまないまる氏。

浅・山「……普通のっすね」

Cutie安岡を癒し続ける柴犬まる氏も僕達にとってはただの犬……。

 

先日、山田がみんなを代表して乃が美の食パンを買ってきたことがありました。

天使の頬っぺたと呼ばれて久しい(嘘)、乃が美の食パン。

山「めっちゃおいしかった!」

安「ねー、ほんと、すごくおいしかったですよね!」

浅「えっと……ただの食パン、すよね?

なんと、浅井メンバーにとってはあんなにふわふわあまあまの乃が美のパンもただの食パンだったそうです!

……どうかしてるぜ、浅井メンバー。

 

このように、人間の価値観とはそれぞれ。

でも、絶望してはいけません。

分からないからこそ、分かろうとすることができるはず。

そういう気構えで利用者さんやご家族さんに向き合わなきゃ! と思った山田なのでした。

いつか柴犬まるがその辺にたくさんいる犬ではなく、特別かわいく見える日が来ますように……ナムナム。

ケアマネ的ドキュメント鑑賞記 ~ハイパーハードボイルドグルメリポート~

※番組公式ホームページはコチラ

Netflixエンジョイ勢の山田的に断トツで面白かったのが、コレ。

食うこと、すなわち生きること。
食の現場にすべてが凝縮されている。
これは、ヤバい人たちのヤバい飯を通して、
ヤバい世界のリアルを見る番組。

という内容。

ヤバい人たちのヤバい飯、とありますが、その言葉に偽りなし!! なラインナップとなっております。

例えば……

①極北カルト飯(!)

②足止め難民の飯(!!)

③元人食い少年兵の晩御飯(……)

ね、偽り、ないでしょ。

 

①極北カルト飯

この回では、ロシアのとある村に集団で住んでいるあるカルト教団の人達が食べているご飯を紹介しています。

とっても美味しそうな野菜のみのお料理。

シベリアのイエスと呼ばれる教祖が興したというこの宗教、飲酒、肉食を禁忌としているためその食事はベジタリアンチックな、普通においしそうなメニューでした。

 

②足止め難民の飯

この回では、ヨーロッパを目指して命がけの旅に出た難民の人達が足止めを食らっているセルビア北部での食事を紹介しています。

ただ安全な暮らしが欲しいだけの彼ら……。

一日二回ある支援団体の炊き出しが彼らの主な食事。工場や住宅の廃墟に住み、母国に引き返すこともできず、厳重な警備の国境に挑み続けるしかないという人生……。

彼らは国境を越えようとすることをGAMEと呼びます。

攻略することがほとんど不可能なGAMEに命懸けで挑む彼ら……。

 

③元人食い少年兵の晩御飯

この番組の第一回、最初のVTRで取り上げられていたのがこれ。

西アフリカにあるリベリア共和国では、かつて内戦があり多くの少年・少女が兵士として戦場に駆り出されました。

食人も経験したという彼らは、内戦終結後、親も居場所もないまま広大な墓地に住み着いています。

取材を受けてくれたのは元少女兵の20代後半の女性・ラフテー。

仕事は娼婦一人の客を取って得たのは200円……。

ラフテーは、体を売って稼いだお金で買ったカレーを取材スタッフにも分けてあげていました。

取材スタッフに「幸せか?」と尋ねられた彼女は、「幸せだ」と答えていました。

お金を稼いで、ご飯を食べて、眠れるんだから幸せ、だそう……。

 

この番組を見て実感したのは世界の広さ

この世界には僕達の知らない生活が、困難さが、生きづらさが満ち満ちているのです。

それを象徴するのがコメンテーターである小藪さんのこの表情。

VTRを見ている間、小藪さんはほぼずっとこんな顔をしています。

この想像を絶する出来事で溢れている世界、僕達は何を幸せと感じ、どんな幸福を得ようとしているのか……。

じっくり考えるいい機会となる番組です。

ケアマネ的視点

・自分の価値観が全てではない。

・外の世界に関心を持とう。

・自分の手の届く範囲の幸せを大切に。

ケアマネ的映画鑑賞記 ~ハクソーリッジ~

予告編はコチラ

Netflixerという称号を与えられた山田が、ここ最近で一番印象的だったのがこれ。

 

第二次大戦中のアメリカ、敬虔なキリスト教徒であるデズモンドは「汝、殺すことなかれ」という信念を持ちつつ、国の役に立ちたいと陸軍に志願する。

基礎訓練は受けるものの銃を持つことをかたくなに拒否するデズモンドは、仲間になじめないまま衛生兵として沖縄戦に投入されることになる。

彼が赴いたのはハクソーリッジと呼ばれる断崖絶壁の先にある激戦地。崖を上った先にあるのは死物狂いの日本軍の攻撃。激闘の中、次々と倒れていく仲間達。

やがて日が暮れ、全軍撤退の指示の下、崖を降りていく米軍。

そんな中、デズモンドはたった一人で崖の上に残り、一人でも多くの仲間を助けるために孤独で絶望的な戦場に戻っていく……。

 

といった内容。

主人公のデズモンドは、はっきり言って普通の人ではありません。

アメイジング・スパイダーマンでピーター・パーカーを演じたアンドリュー・ガーフィールド。

同じ部隊の皆に何を言われようと、殴られようと、軍法会議にかけられ不名誉除隊になるかもしれなくても、決して銃は持ちません。

これって、普通の人にはできないことだと思います。

社会性・協調性を重要視する人間社会、その中でたった一人で異を唱えるのはなかなかなことです。

それでも、彼は絶対に銃を持ちません。

彼がそんなことができるのは、信念(汝、殺すことなかれ)があるからです。

そんな彼だからこそ、たった一人で真っ暗な戦場に残り負傷兵を助けるという非合理的な行動をとることができたのでしょう。

戦闘シーンはなかなかにリアルなので耐性がない方は要注意……。

記録されるに足る、驚異的な行動を実行するためには他の人にはちょっと理解できないような強い思いが必要なんだなぁ、と感じました。

……山田は間違いなく凡人ですw

ケアマネ的視点

・何かを信じることは自分を強くする。

・相手が信じていることを尊重する。

・でも、柔軟性も大事だよね。

スタッフ紹介:居宅介護支援センターまごのて北山 ケアマネジャー:山田貴信

①経験年数

・特養の介護職として1年

・デイサービスの相談員として5年

・地域包括のケアマネジャーとして4年

・居宅のケアマネジャーとして3年目

 

②ニックネーム

山田メンバー、ネットフリクサー、ヴァンパイア、財務大臣

 

③趣味

映画を見たり写真撮ったり本読んだり、お話を書いたり。

 

④介護支援専門員として大切にしていること

ご本人やご家族とお会いする時、できていない事よりできている事を見つけること。

 

⑤今後の夢や目標

好きなことで生活できるようになりたい!

 

⑥最後に一言

お役に立てれば幸いです!

スタッフ紹介:居宅介護支援センターまごのて北山 ケアマネジャー:安岡広美

①経験年数

・特養の介護職として5年

・居宅のケアマネジャーとして11年(!)

 

②ニックネーム

安岡メンバー、姉御。

 

③趣味

柴犬まるを見て癒される。

 

④介護支援専門員として大切にしていること

初心を忘れず、利用者さんに寄り添うケアを心がけています。

 

⑤今後の夢や目標

仕事と家庭の両立。

 

⑥最後に一言

常に笑顔で!