ケアマネの独り言

ケアマネ的ドキュメント鑑賞記 ~ハイパーハードボイルドグルメリポート~

※番組公式ホームページはコチラ

Netflixエンジョイ勢の山田的に断トツで面白かったのが、コレ。

食うこと、すなわち生きること。
食の現場にすべてが凝縮されている。
これは、ヤバい人たちのヤバい飯を通して、
ヤバい世界のリアルを見る番組。

という内容。

ヤバい人たちのヤバい飯、とありますが、その言葉に偽りなし!! なラインナップとなっております。

例えば……

①極北カルト飯(!)

②足止め難民の飯(!!)

③元人食い少年兵の晩御飯(……)

ね、偽り、ないでしょ。

 

①極北カルト飯

この回では、ロシアのとある村に集団で住んでいるあるカルト教団の人達が食べているご飯を紹介しています。

とっても美味しそうな野菜のみのお料理。

シベリアのイエスと呼ばれる教祖が興したというこの宗教、飲酒、肉食を禁忌としているためその食事はベジタリアンチックな、普通においしそうなメニューでした。

 

②足止め難民の飯

この回では、ヨーロッパを目指して命がけの旅に出た難民の人達が足止めを食らっているセルビア北部での食事を紹介しています。

ただ安全な暮らしが欲しいだけの彼ら……。

一日二回ある支援団体の炊き出しが彼らの主な食事。工場や住宅の廃墟に住み、母国に引き返すこともできず、厳重な警備の国境に挑み続けるしかないという人生……。

彼らは国境を越えようとすることをGAMEと呼びます。

攻略することがほとんど不可能なGAMEに命懸けで挑む彼ら……。

 

③元人食い少年兵の晩御飯

この番組の第一回、最初のVTRで取り上げられていたのがこれ。

西アフリカにあるリベリア共和国では、かつて内戦があり多くの少年・少女が兵士として戦場に駆り出されました。

食人も経験したという彼らは、内戦終結後、親も居場所もないまま広大な墓地に住み着いています。

取材を受けてくれたのは元少女兵の20代後半の女性・ラフテー。

仕事は娼婦一人の客を取って得たのは200円……。

ラフテーは、体を売って稼いだお金で買ったカレーを取材スタッフにも分けてあげていました。

取材スタッフに「幸せか?」と尋ねられた彼女は、「幸せだ」と答えていました。

お金を稼いで、ご飯を食べて、眠れるんだから幸せ、だそう……。

 

この番組を見て実感したのは世界の広さ

この世界には僕達の知らない生活が、困難さが、生きづらさが満ち満ちているのです。

それを象徴するのがコメンテーターである小藪さんのこの表情。

VTRを見ている間、小藪さんはほぼずっとこんな顔をしています。

この想像を絶する出来事で溢れている世界、僕達は何を幸せと感じ、どんな幸福を得ようとしているのか……。

じっくり考えるいい機会となる番組です。

ケアマネ的視点

・自分の価値観が全てではない。

・外の世界に関心を持とう。

・自分の手の届く範囲の幸せを大切に。

ケアマネ的映画鑑賞記 ~ハクソーリッジ~

予告編はコチラ

Netflixerという称号を与えられた山田が、ここ最近で一番印象的だったのがこれ。

 

第二次大戦中のアメリカ、敬虔なキリスト教徒であるデズモンドは「汝、殺すことなかれ」という信念を持ちつつ、国の役に立ちたいと陸軍に志願する。

基礎訓練は受けるものの銃を持つことをかたくなに拒否するデズモンドは、仲間になじめないまま衛生兵として沖縄戦に投入されることになる。

彼が赴いたのはハクソーリッジと呼ばれる断崖絶壁の先にある激戦地。崖を上った先にあるのは死物狂いの日本軍の攻撃。激闘の中、次々と倒れていく仲間達。

やがて日が暮れ、全軍撤退の指示の下、崖を降りていく米軍。

そんな中、デズモンドはたった一人で崖の上に残り、一人でも多くの仲間を助けるために孤独で絶望的な戦場に戻っていく……。

 

といった内容。

主人公のデズモンドは、はっきり言って普通の人ではありません。

アメイジング・スパイダーマンでピーター・パーカーを演じたアンドリュー・ガーフィールド。

同じ部隊の皆に何を言われようと、殴られようと、軍法会議にかけられ不名誉除隊になるかもしれなくても、決して銃は持ちません。

これって、普通の人にはできないことだと思います。

社会性・協調性を重要視する人間社会、その中でたった一人で異を唱えるのはなかなかなことです。

それでも、彼は絶対に銃を持ちません。

彼がそんなことができるのは、信念(汝、殺すことなかれ)があるからです。

そんな彼だからこそ、たった一人で真っ暗な戦場に残り負傷兵を助けるという非合理的な行動をとることができたのでしょう。

戦闘シーンはなかなかにリアルなので耐性がない方は要注意……。

記録されるに足る、驚異的な行動を実行するためには他の人にはちょっと理解できないような強い思いが必要なんだなぁ、と感じました。

……山田は間違いなく凡人ですw

ケアマネ的視点

・何かを信じることは自分を強くする。

・相手が信じていることを尊重する。

・でも、柔軟性も大事だよね。

スタッフ紹介:居宅介護支援センターまごのて北山 ケアマネジャー:山田貴信

①経験年数

・特養の介護職として1年

・デイサービスの相談員として5年

・地域包括のケアマネジャーとして4年

・居宅のケアマネジャーとして3年目

 

②ニックネーム

山田メンバー、ネットフリクサー、ヴァンパイア、財務大臣

 

③趣味

映画を見たり写真撮ったり本読んだり、お話を書いたり。

 

④介護支援専門員として大切にしていること

ご本人やご家族とお会いする時、できていない事よりできている事を見つけること。

 

⑤今後の夢や目標

好きなことで生活できるようになりたい!

 

⑥最後に一言

お役に立てれば幸いです!

スタッフ紹介:居宅介護支援センターまごのて北山 ケアマネジャー:安岡広美

①経験年数

・特養の介護職として5年

・居宅のケアマネジャーとして11年(!)

 

②ニックネーム

安岡メンバー、姉御。

 

③趣味

柴犬まるを見て癒される。

 

④介護支援専門員として大切にしていること

初心を忘れず、利用者さんに寄り添うケアを心がけています。

 

⑤今後の夢や目標

仕事と家庭の両立。

 

⑥最後に一言

常に笑顔で!

スタッフ紹介:居宅介護支援センターまごのて北山 ケアマネジャー:佐野竜也

ヘルパー時代の自己紹介文と比較するのがマニアックな楽しみ方です。

①経験年数

・20歳から特養の介護職として8年

・ヘルパーとして3年

・居宅のケアマネジャーとして4か月

 

②ニックネーム

佐野メンバー、シャー芯刑事

 

③趣味

将来を見渡した明確な生活設計について考えること。

 

④介護支援専門員として大切にしていること

たくさんの方と出会えることを楽しむ

 

⑤今後の夢や目標

宝くじで1等+前後賞を当てるッッッッッッッ!!!!!!!!!!

 

⑥最後に一言

今というこの瞬間を大切に!

 

苦情のご報告

この度、苦情受付書を作成する事態が発生いたしました。

申出人様の承諾を得ましたので、個人情報に配慮したうえでここに公表いたします。

①苦情内容

・もともとa/b~c/dまでAショートステイの利用予定であったが、申出人様より入所日をa/bの翌日に変更してほしいとの連絡があった。

・Aショートステイには上記変更を電話にて伝えていたが、他事業所には連絡ができていなかった(提供票の修正ができておらず、もともとの利用日が記載された提供票を送付していた)。

・a/bの前日、Bデイの送り出しのヘルパーが来ない、と妻氏よりCホームヘルプに連絡が入り同事業所が急遽人員調整くださる。

・a/b、妻氏より当事業所にAショートステイ入所日変更の件が各援事業所に伝わっていないのでは、との苦情が入る。

 

②申出人の希望

・Aショートステイの正確な利用日を各事業所に伝えてほしい。

・サービスの変更に合わせた支援の調整を正確にしてほしい。

 

③処理経過

・a/b、架電にて申出人、Cホームヘルプに謝罪。

 

④結果

・今後、サービスの変更があった時点で提供票を修正する。
・モニタリング時には主介護者とともに提供票上のサービス日程を確認する。

 

今回の苦情は主介護者様と事業所への情報伝達ミスにより発生したものと考えます。

当事業所としましては、結果にも記載したようにサービス内容の変更があった時点で提供票を修正し、適切な方法で各事業所と情報共有を図っていく所存です。

スタッフ紹介:居宅介護支援センターまごのて北山 ケアマネジャー:浅井雅久

目をつむっているのが管理者・浅井です。

①経験年数

・重症心身障碍者施設の介護職として7年半

・農家ボランティアのトマト畑小作人として1か月

・介護職員養成講座の講師として9か月

・祇園のスナックのマスターとして2年半

・ヘルパー兼ケアマネとして4年

・居宅介護支援センターのケアマネジャーとして3年半

 

②ニックネーム

浅井メンバー、組長、ウイグル浅井、保険に全部持って行かれた男

 

③趣味

フットサル、お得なお買い物をする、知識を広く浅く収集すること

 

④介護支援専門員として大切にしていること

広く浅く! 思ったことははっきり言う! 訪問の時、最低一回は笑顔になってもらう。

 

⑤今後の夢や目標

ファイナンシャルプランナーの資格を取りたい。区民運動会に出る!

 

⑥最後に一言

働き過ぎず、遊びすぎずをモットーに仕事と余暇活動のバランスを考えながらメリハリある生活を過ごすことを目指しています!

ケアマネ的映画鑑賞記 ~ロープ 戦場の生命線~

※予告編はコチラ

あり余った時間の中で印象に残った作品part.2がこれ。

 

バルカン半島のどこか、国際援助団体は井戸に沈んだ遺体を引き上げようとしていた。

しかし遺体を繋いでいたロープが切れてしまう。

その井戸は周囲の集落にとって唯一の井戸。地域住民の水資源を確保しようと国際援助団体のメンバーは時に手分けして、時に協力して一本のロープを探す。

そんな彼らを阻むのは地雷、不法な検問、民族間の憎しみ、外国人への偏見、そして国連……。

彼らはロープを手に入れ、井戸に沈んだ遺体を引き上げることはできるのか?

 

といった内容。

紛争地域(和平合意は成立している、という設定ではありますが)での活動がいかに困難であるか、ということを丹念に描いています。

平和が損なわれるということはどういうことなのか、今僕達が当たり前に送っている生活がどれだけ貴重なのか、ということを実感できるはず。

印象的なのはメンバー間のやり取り。

いい味出しているメンバー達。

過酷な状況・環境にいるはずの彼ら、なのに前向きで、タフで、決して希望を捨てません。

ただ、気になったのはタイトル

原題は A Perfect Day

邦題は内容を的確に表したものにはなっているのですが、この映画に漂っている独特のユーモアを表しているのは原題かと思います。

何かを諦めたくなった時、放り出したくなった時、ぜひ彼らの仕事ぶりを見てみてください。

もしかしたら、もう一度頑張れる力をもらえる……かも?

 

ケアマネ的視点

・どんな状況下でも必ず希望はある。

・一つの方法にこだわりすぎない。

・諦めるべき時は諦める。

ケアマネ的映画鑑賞記 ~CITY OF GOD~

※予告編はコチラ

ここ最近、山田は妙に時間があったので色んな映画を借りまくって見まくっていました。

その中で印象に残ったのがこの作品。

 

リオデジャネイロのスラム街で生まれ育ったブスカ・ペ。その兄はギャングであったが小間使いの少年、リトル・ゼに殺される。

リトル・ゼは暴力と謀略を駆使し、わずか数年でスラムの半分を牛耳るギャングのボスとなった。

スラムの制覇を目論むリトル・ゼは、武器と仲間を集め対立するギャングの壊滅に乗り出す。

二つのギャングが銃撃戦を繰り広げ、地獄と化したスラム街。

たまたまリトル・ゼと顔見知りであったブスカ・ペは、彼らのアジトに入り込み写真を撮ることに成功する。

その写真を高く評価されたブスカ・ペ。

報道カメラマンを志していたブスカ・ペは、抗争の真っただ中のリトル・ゼを追う。

やがてブスカ・ペが目撃することとなる抗争の結末とリトル・ゼの運命とは……。

 

といった内容。

劇中で起きている出来事はまさに地獄そのものなのですが(子供が子供を処刑するというかなりショッキングなシーンもあったりします)、音楽とテンポ、カット割りのおかげでどこか陽気さを感じさせる不思議な映画。

山田がこの映画が印象に残ったのは、貧困と治安の関係を考えさせられたから。

有名なマズローの欲求5段階説の図。

マズローに言われるまでもなく、人間は生理的欲求と安全を求めます。

これらが脅かされると、どうなるでしょうか。何とかして獲得しようとするでしょう。

ここに貧困と治安がリンクするポイントがあります。

低所得層・社会的弱者に就学・就労の機会が解放されている社会、または所得の再分配(≒高所得層から税金をもらって低所得層に分配すること)がされている社会であれば合法的な方法で貧困からの脱出を図ることが推奨されるでしょう。

しかしそうでない社会であればどうでしょうか。

合法的に貧困から脱出できないとすれば、非合法に脱却せざるを得ません。

お金がなければ奪う、と解決策しかないのです。

そのような親に育てられた子供はどうなるでしょうか。親と同じく、奪うことで充足する術を身に着けてしまうでしょう。

そのような社会の治安は悪化していきます。

つまり貧困を解消することは治安の維持・向上につながると考えられます。

 

最近ニュースを騒がしている移民にも同じようなことが言えるのではないでしょうか。

合法的に安全な住環境を得られないから非合法に脱出、第三国に入国するしかないのです。

国内的に見ても、国際的にみても低所得者層対策はコストとしか見られていないかもしれませんが、現在の治安水準を維持するための投資でもある、と言えるでしょう。

この映画は、そんなことを考えさせてくれました。

 

いや、こんなこと考えなくても、十分見ごたえのある映画なんです。

ブスカ・ペ。あのスラム街にいて報道カメラマンを目指すなんて、実はなかなか根性がある人なのかも。
リトル・ゼ。ちびっこ時代とのギャップに驚くことになるお姿。でも実はまだ18歳とかだったりします。

銃声が聞こえない社会っていいなぁ、と実感できますw

 

ケアマネ的視点

・最低限の衣食住は最重要事項。

・不必要なコストにも顕在化していない効果があるかも?

・簡単に引き金を引いてはいけない。

ヒロインと呼ばれた漢。

ちょっと前、管理者・浅井と平社員・山田の間で北斗の拳マンチョコが流行っていました。

今はもう販売終了しています……。

浅「そういえば、北斗の拳のヒロインって誰なんでしょうね?」

山「そりゃ、ユリアでしょ。あ、リンっていう考え方もあるなぁ」

などと話しながら何となく重なった二人の視線は、黙々と仕事をしていたcutie安岡に向きました。

山「安岡さん、北斗の拳って知ってます?」

と試しに聞いてみる山田。

安「えーっと、あ、知ってますよ!」

おお、知っているなんてちょっと意外。

浅「じゃ、北斗の拳の有名なセリフって知ってますか?」

安「えーっと、うーん……」と長考に入ったcutie安岡。

安「あ、お前は今日死んでいる、じゃなかったっけ?」

き、今日!

もしかしたら既に死んでいるかもしれない敵氏。

今日死んでいるとはどういう状態なのか……ケンシロウが死を宣告した相手はその日の朝に死んでいる可能性もあるのでは……と、混乱に陥る管理者・浅井と平社員・山田。

山「じゃ、北斗の拳の主役って知ってますか?」

と恐る恐る聞いてみる平社員・山田。

安「えー、主役ってヒロインのことでしたっけ?」

……ますます混乱する管理者・浅井と平社員・山田。

浅「ヒロインっていうのは、の主人公格の人を言うんですよ? 北斗の拳の主役はケンシロウです」

安「え? ケンシロウってヒロインなんですか?」

ヒロインと呼ばれた北斗神拳第64代継承者・ケンシロウ。

その後、cutie安岡はヒーローとヒロインを全くの同義であると理解していたため、上記のような発言に至ったことが判明しました。

cutie安岡……油断できねぇぜ。