ケアマネの独り言

ケアマネ的映画鑑賞記 ~ダークナイト〜

もはや言うまでもない、名作中の名作です。予告編はコチラ(Youtube、昔の作品なのでやや低画質。。)

 

バットマンことブルース・ウェインが犯罪撲滅を目指し活躍するゴッサムシティ。そこに唐突に表れたのはピエロのようなメイクをした謎の男、ジョーカー

バットマンを含む街の人々を嘲笑しながら犯罪を重ねていくジョーカー。仲間と協力してなんとかジョーカーを捕えたバットマンだったが、ジョーカーは共に捕らえられていた部下の腹部に縫い込んでいた時限爆弾を爆破させ、どさくさに紛れて逃亡する。

バットマンの仲間を悪の道に陥れつつ逃亡を続けるジョーカー。その中でジョーカーは人間の暗部をバットマンに見せつけ続ける。

果たしてバットマンはジョーカーを倒せるのか。そしてゴッサムシティを、仲間達を救うことができるのか……。

 

本当はもっともっとややこしい話なのですが、詳細はwikiをご確認ください。。

さて、この作品の魅力は言うまでもなくジョーカーの超絶・極悪人ぶりです。

ジョーカーはいわゆる悪役、とは一線を画しています。名声にもお金にも関心はありません(せっかく奪い取った大金を燃やしてしまったり……)。

得るものもなく人を殺し街を破壊するジョーカー、その思考の根底にある思いを推察するためにちょうどいいセリフがあります。

「混沌の根源は何だと思う? 公平だ」

「お前(バットマン)がいなけりゃケチな泥棒に逆戻り。お前が欠けたら生きていけない」

自らの命を懸けている場面で飄々と上記のセリフを言ってのける狂人ぶり……。

公平さがあるから混沌がある、光があるから闇がある……バットマンが民衆を守りその心の光を信じているからこそ、ジョーカーは人々を殺し人間の心の暗部をさらけ出そうとする……。

ジョーカーはバットマンに正義のヒーローとしての存在意義を問いかける存在なのです。

自身の行為の正当性に疑念を感じつつ、心と体を張って戦い続けるバットマンの姿にも心揺さぶられるものがあります。

バットマンの戦いはどんどん孤独になっていきます。。

しかし、やはりなんといってもこの映画のメインはジョーカー。どうしてこんなにもジョーカーは魅力的なのでしょうか?

山田が考えるには、ジョーカーが人間の暗部だけを純粋に抜き出しているキャラクターだから、ではないかと思います。

個人としても、社会の一員としても、普通人間は心の闇というべき部分を隠して生活しています。その方が社会全体がスムーズに回るから。

でも人間は心の闇を手放せたわけではありません。確実にそれぞれの心の中にあるのです。

普段目を背けているもの、見たくないもの、見るべきではないもの、そういったタブー的な部分をまざまざと見せつけてくれるからこそ、人はジョーカーというキャラクターに強く惹かれるんだと思います。

さて、皆さんの目にはジョーカーはどう映るでしょうか? ぜひ一度、このジョーカーという悪役とじっくり対面してみてください。損はしません!

 

ケアマネ的視点

・世の中、聖人ばかりじゃない。

・誰の心にだって暗い部分がある。

・心の闇を封じ込めるより、うまく付き合っていく方がいい……多分。

ICT推進の功罪。

ICTのイメージ図。

※当居宅に在籍しているCMの自己紹介はコチラ!

 

当居宅に所属しているCM達は効率が大好き。……いえいえ、利用者さんやそのご家族との面談において効率化は求めておりません! 

私達が効率化を追求しているのは事務について。

CMって、実は結構な事務量があります。

何かにつけて記録を作成する必要がありますし、いろんな申請書の作成、会議録、事業所への連絡、職員間の情報共有etc…パソコンに向かって作業したり電話したりのお仕事の方が多いくらいです。

 

そこで重要なのが事務作業・情報共有の効率化!

当居宅では職員間の情報共有をデジタル化し、既読の有無がわかるシステムを導入しております。

その他、紙媒体でのテキストをパソコン上で編集できるようにする技術(!)を導入したりと、日々効率化に向けて努力している次第……。

そんな中、最近大事件が発生しました。

前述の職員間での情報共有ソフトでの出来事。

衝撃のやり取り。クリックにて拡大。

佐野CMが別職員に向けて情報提供し、別職員が確認した旨のメッセージを送ったの佐野CMのコメント……。

ギャオとは何か? それは世界の謎。

佐野CMからの報告⇒別職員からの了解したとのコメント⇒ギャオ

このソフト、いったん発言した内容を削除できない仕様。

佐野CMの謎のギャオ発言は当法人のほぼ全職員の目に晒され続けることとなったのでした……。

なお、この日から佐野CMのあだ名にギャオギャ王が追加されたのは私達だけの秘密。

 

追記 なお、佐野CMはこのような発言をした記憶はない、とのこと。もしかして不思議な力が働いているのかも……。

MPSW・山田によるプチメンタルヘルスinfo.8月号

クリックで拡大。

【MPSW山田による解説】

新型コロナウイルスそのものより感染者に対する差別の方が問題視されるようになっています。。

新型コロナウイルスへの不安や恐怖から、人々が不寛容になっているのではないでしょうか? 不寛容が故に感染者(=自分とは違うひと)に対して攻撃的になったり排除的になってしまうと思われます。

寛容さは与えられるものではありません。自らから相手を許すことから始まります。

しかし許すと一言で言ってもなかなか難しいもの。

自らの失敗を許す訓練として適しているのが料理だそう。

料理はどこかの手順で失敗してもそれを受け入れて作り上げるしかありません(まぁ、失敗した段階で捨ててしまうということも考えられますが……)。

失敗を次に生かすこともできます。

自分の失敗を許すように、自分とは違う存在を認めることが寛容な社会への第一歩。自分を、他人を許すことから始めてみましょう!

ケアマネ的映画鑑賞記 ~寝ても覚めても〜

とあるお二人が大事件を巻き起こし全てを失うきっかけになった作品。予告編はコチラ(Youtube)。

柴崎友香原作のかなり独特なラブストーリーです。

 

大阪在住の朝子(唐田えりか)は、個性的な麦(東出昌大)と電撃的なひとめぼれをする。

つかみどころのない麦、であるがゆえに深く麦に溺れてしまう朝子だったが、麦はある日突然、朝子の前から姿を消す。

三年後、東京に引っ越していた朝子は、麦と同じ顔をした亮平(東出昌大)と出会う。忘れかけていた麦を思い出したくない一心で亮平と距離をとろうとする朝子だったが、二人は惹かれあい、共に暮らし始める。

それから五年、亮平との結婚を考え始めていた朝子のもとに麦が現れる。自分にそっくりな亮平を見て「やっぱり僕を待っていたんじゃない」と呟く麦は「一緒に行こう」と朝子に手を差し出す。

朝子はその手を取るのか。朝子は麦と亮平、どちらを選ぶのか……。

といった内容。

 

この映画の見どころはごくごく普通の女性である朝子が、麦によって全然普通じゃない行動に出てしまうところ、です。

バイクで事故った朝子と麦はこの後、路上で抱き合い、キスをします……。

麦は芸術家肌の、一般人からはその思考回路が全然想像できない人物。夜にパンを買いに行く、と出かけていって、朝まで帰ってこないような男です。

麦に惹かれる朝子は二人の関係にはまっていくのですが、その常軌を逸していく予感が見ていて不快でもあり、どこかうらやましくもあります。

 

そんな朝子が麦を失った痛みは相当のもの。ようやく忘れかけていたところに亮平という麦そっくりの人物が現れます。

麦に似た亮平を無視しようとするが全然できてない朝子……。

亮平は麦とは違い、ごくごく普通の男性。朝子は亮平とともに過ごすことで本来の自分を取り戻していきます。東京で友達を作り、東北にボランティアに行ったり……多分、朝子は本来そういう優しさを持った人物なんだと思います。

しかし、再びよぎる麦の(実は麦は芸能人になっていてCMなどを通じて時々朝子の前に姿を現すのです)……。

その時の朝子の動揺、行動の危うさ……やはり見ていてはらはらしますし、いらいらする、が故に魅力的

やがて麦と亮平のどちらかを選ぶ、という場面に至るのですが、その先は実際にご覧ください。

多くは言いません。ただ、たいていの人は朝子のことが嫌いになると思います。

まっすぐであるが故にいろんなものを失っていく朝子……。

 

しかし山田はこの朝子という人物、嫌いではありません。

朝子は良くも悪くも自分に正直だからです。

社会で生きている普通の人間は他者の目を意識して生きていかざるを得ません。他者から期待される自分というのは、社会の常識の範疇で行動する自分です。

社会の常識、それはその中にいる限りにおいては居心地のいい足かせです。しかし、足かせには変わりない。

その足かせをはずしてしまえる朝子を、憎たらしくもありまた憧れてしまうんだと思います。

ガチにリアルで足かせをはずしてしまった御両人……。

清々しいまでに全てを失ってしまった唐田さんと東出さんですが、この映画を見る限りとてもいい役者さんだと思いました。

失敗した人、過ちを犯した人を攻撃することは簡単。でも、それって何を生み出すのでしょうか……?

いつかまたお二人が活躍できるようになって欲しいと、こっそり願っている山田でした。

 

ケアマネ的視点

・他人に迷惑をかけない、それが社会人の常識。

・でも、迷惑かけちゃう時だってある。

・そういう人を許してあげる社会のほうがいいんじゃない?

MPSW・山田によるプチメンタルヘルスinfo.7月号

【MPSW山田による解説】

コロナウイルスの流行が叫ばれてもう久しいですが、流行そのものよりもそれに付随する問題が顕在化しているように感じます。

例えば自粛警察、例えば感染者への差別的な扱い……。

そういった行動に走ってしまう人も、もとはごく普通の市民であったはず。

ではなぜそのような行動に出てしまうのか、その根底には自粛に伴うストレスがあるのではないでしょうか。

「自分はいろいろ我慢しているのに……」→「自粛していないから感染するんだ」→「自粛しない人・感染した人は悪い人だ」 →「悪い人は攻撃していいんだ」 →「自分は正しい行いをしているんだ!!」

人は正義のために行動する時、最も攻撃的になれるといいます。

自粛、感染予防でストレスが溜まりがちな昨今、上手に気分転換をしましょう!

まごのて居宅のケアマネジャー達。

ちょうど一年前の初夏、当居宅のケアマネ達の自己紹介を投稿させていただきました。

一年という時間は僕達を変えるはず……ということで、自己紹介をver.2020に更新します!

一人目・浅井雅久

管理者浅井、車酔いに苦しむの図。

①経験年数

・重症心身障碍者施設の介護職として7年半

・農家ボランティアのトマト畑小作人として1か月

・介護職員養成講座の講師として9か月

・祇園のスナックのマスターとして2年半

・ヘルパー兼ケアマネとして4年

・居宅介護支援センターのケアマネジャーとして5年半

②ニックネーム

浅井メン、マハラジャ、ダブルローン

③趣味

子育て、銭湯巡り、自転車、ランニング

④介護支援専門員として大切にしていること

世界のみーんなが笑顔で過ごせますようにっ☆(ゝω・)vキラッ

⑤今後の夢や目標

世界のみーんなが穏やかに過ごせますように。

⑥最後に一言
おらが世界の平和を守る……!!

 

二人目・安岡広美

天使が観光客のシャッターを切るの図。

①経験年数

・特養の介護職として5年

・居宅のケアマネジャーとして12年(現在育休中)。

②ニックネーム

姉御。

③趣味

お料理を作る、おコーヒーを淹れる、お睡眠。

④介護支援専門員として大切にしていること

初心忘るべからず!その人らしさを大切にマネジメントさせて頂くこと!

⑤今後の夢や目標

早く復職したい!

⑥最後に一言
貴重な出会いに感謝して何事も楽しみたいです。

 

三人目・佐野竜也

伝説のDark Lord of the Sithの肖像画と語り継がれる一枚。

①経験年数

・20歳から特養の介護職として8年

・ヘルパーとして3年

・居宅のケアマネジャーとして2年目。

②ニックネーム

佐野メン、ダース佐野、エアブレイカー、管理者の悩みの種そのもの、ギャオ、ギャ王(new!)

③趣味

最近、自然の美しさに目覚めつつあるので、山に行ったりキャンプをしたりしたい。

④介護支援専門員として大切にしていること

一期一会を大切に、少しでも良かったと思ってもらえるように。みんなの負担が少なくなるように。

⑤今後の夢や目標

先輩方のようなケアマネジャーになり、みんなが気軽に暮らせる地域のために貢献したい。

⑥最後に一言
まだまだ新人ケアマネですが、これからの成長に乞うご期待! 一緒に働ける方募集中!

 

四人目・山田貴信(当ブログ作成担当者)

①経験年数

・デイサービスの相談員として5年
・地域包括のケアマネジャーとして4年
・居宅のケアマネジャーとして4年目

②ニックネーム

ギガ泥棒、ギガ食い、阿漕な男

③趣味

ギガを消費して文化的な時間を送ること!

④介護支援専門員として大切にしていること

皆さんが暮らしやすく暮らせるように考えること!

⑤今後の夢や目標

好きな事だけして暮らせたらなぁ……。

⑥最後に一言
皆さんに呆れられないように頑張ります!

 

MPSW・山田によるプチメンタルヘルスinfo.6月号

 

クリックにて拡大。

【MPSW山田による解説】

コロナウイルス感染拡大防止の必要性が訴えられる昨今、気分が落ち込みがちになられる方が多いと聞き及びます……。

コロナ鬱、というべき抑うつ気分ですが、抑うつ気分は環境の変化によっても生じます。

 

コロナウイルスの拡大防止のための外出禁止(ないし自粛の要請)、報道によって増大されがちな感染への不安等、ストレスが増加していることも要因の一つでしょう。

 

抑うつ気分を防止するためには、①いったんコロナ関連に関する情報を遮断する、②適度な運動、③自分なりの気分転換、が有用。

 

抑うつ気分の予防のためにはストレスを貯めないことが何より重要。

情報収集も大切ですが、適度に気分を変える工夫をしましょう!

マハラジャ浅井、生涯最大の不覚

近頃引っ越しされたという、お金に御余裕がおありなご様子のマハラジャ浅井。

しかし、引っ越し早々、人生最大の汚点をその歴史に刻み込んだそうですw

 

浅「いや、なんか、リビングに小豆が落ちてたんすよ」

山「ほう、小豆っすか……」

御存知! 小豆。

浅「でも、よくよく見たらなんかシッパーみたいなものがついてるんすよ、その小豆」

山「ジッパー……」

御存知な方は御存知! ブローノ・ブチャラティ&スティッキィ・フィンガーズ

浅「噛んでみたら小豆かどうかはっきりすると思って、噛んだんすよね」

「か、噛む……?」

浅「そしたらなんか黄色い液体が出てきてですね……」

山「……」

浅「ネットで調べたら、小豆の中身って白いんですってね」

山「……」

浅「あ、でも奥歯じゃなくて前歯だったんで大丈夫っす!」

山「……」

 

詳しくは申しません。

ただ、マハラジャ浅井は決してすべきでない行為をしたということは確かなようです。

MPSW・山田によるプチメンタルヘルスinfo.4月号

クリックにて拡大。

【MPSW山田による解説】

最近、コロナウイルスに感染した人に関する差別や個人攻撃が発生していると聞き及びます。

コロナウイルスで苦しんでいるのはみんな同じのはず……なのにどうして差別が生じてしまうのでしょうか。

 

アメリカの社会学者、ロバート・K・マートンによれば、差別は同一集団の中に特殊なカテゴリーが発生した際に生じる、とされています。

つまり、帰属意識を感じている集団内に自分とは異なると感じる存在が発生した際、差別意識が生じるということ。

かつて日本にはらい予防法という法律に基づき、ハンセン病患者の方への隔離が公然と行われていました。

療養所内では非人道的なことも行われていたとか……。

らい病を引き起こすらい菌は本来、感染力の弱いもの。

しかし、外見上の変化によって引き起こされる人々の過度な恐怖心が人権を蹂躙するような法律を生み出してしまいました。

コロナウイルスに関連する差別も同じ……はず。

正しい知識を身に着けることがとても大切なことだと思います。

MPSW・山田によるプチメンタルヘルスinfo.3月号

クリックにて拡大。

【MPSW山田による解説】

一人一人だと冷静でいられるのに集団の一員になった途端、周囲と同じ行動をとってしまう……それを集団心理と言います。

なぜ集団心理による同一行動が生じてしまうのか? それにはいくつか説がありますが、ここでは感染説をご紹介。

とある感情や行動様式が周囲の人に伝播していく中で、その規模が増大していくにしたがって個人が論理的・合理的思考を経ずに行動に移していく……という説です。

ここで重要なのが論理的・合理的思考を経ずに行動する個人、という部分。

種々の情報を自ら判断すること(メディアリテラシー)を大切にしたいものです。