ケアマネの独り言

月刊・山田が見た今月の居宅介護支援センターまごのて北山 ~12月号~

※最新の僕達の自己紹介はコチラ。

いつの間にか年の瀬……今年最後の山田の見た居宅介護支援センターまごのて北山、行きます。

 

①お手軽ミルクボーイ

山田が大好きなミルクボーイさん。

今更ですが、山田は現在、ミルクボーイにはまっています。

そのことについて浅井メンと話していた時……

浅「ミルクボーイですか……なんで今更。あ、そういえば最近自転車を改造したんすよ」

山「え、何改造したか忘れた?」

浅「(察して……)そうなんすよ、何改造したか忘れて……それは、車輪が二個ついていてペダルを踏んで走るんすよ」

山「それは自転車でしょ」

浅「いや、でもそれは夕飯づくりに役立つらしいんですよ」

山「じゃ自転車じゃないかー」

浅・山「……」

素人ではワンターンしか続きませんでしたとさ。

 

②山田の副業王への道

突如として山田と縁深くなってきた武田信玄さん。

現在、戸籍のご依頼が二つあった山田ですが、何と社内からも依頼が!

ヘルプのブログ担当の河窪さんからのご依頼でした。

河「昔から、自分は武田信玄の子孫だと言われているのですが本当でしょうか……」

なんと山田、北海道の方から同じご依頼『長らく武田信玄の子孫と言われてきたが本当か調べて欲しい』というご依頼をいただいて現在対応中。

武田信玄の子孫ブーム、来てます。

 

ということで、本年もありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

 

※当社インスタはコチラ

※当社開発のアプリ・介護支援連携サービス タスケルのインスタはコチラ

ケアマネ的映画鑑賞記 ~ダンサー・イン・ザ・ダーク~

2000年公開の伝説の激暗映画、Top of鬱映画、胸糞映画of The King……なんだかんだ言って間違いなく映画史に残る傑作のひとつであるダンサー・イン・ザ・ダーク……。トレイラーはコチラ

山田はほとんど初デートに近い状態でこれを劇場に見に行ってえらい目にあったいい思い出があります。

メインビジュアル。4Kであれを見たらどうなるのか……。

えらい目にはあいつつも心揺さぶれられた山田はDVDを購入するも、そのあまりの内容に見ることが怖すぎてたった一回しか見してなかったのですが、最近、とあるきっかけがあって生涯三度目の視聴をしました。

……やっぱり、名作です。すさまじい名作でした。

 

1960年代、アメリカのある町、チェコからの移民セルマは、息子ジーンと2人で暮らしている。

セルマは先天性の病気で徐々に視力が失われつつあり、今年中には失明すると告知されている。ジーンもまた、彼女からの遺伝により13歳で手術をしなければいずれ失明してしまう。セルマは昼夜なく懸命に働いていた。全てはジーンの手術代のため。

日々の辛い暮らしの中、ミュージカルの空想にふけることだけがセルマの救い。勤務先の工場の機械の駆動音、列車がレールを鳴らす音、それらもセルマにとってはミュージカルの素。

あともう少しで手術代が貯まる、という所でお金に困った隣人のビルがセルマの目がほとんど見えないのをいいことにお金を盗んでしまう。

お金を取り返そうとビルを尋ねるセルマ、返そうとしないビル、そのやり取りの中でしかたなくビルを殺害してしまうセルマ……。

やむにやまれない罪で収監されたセルマ、そしてジーンの行く末は……。

 

という内容。だいぶ省略していますが、ジーンのため懸命に働くセルマを見守り手助けする人がいる一方で、無情にも進んでいくセルマの視力の悪化と忍び寄るビルの魔の手、といったところの描写があまりに切なくて、苦しくて……事態が暗転し続けているのを見守るのは本当につらい。。

セルマの友人であるキャシー。公私ともにセルマを支え続けます。
優しい隣人のふりをしてセルマのお金を狙るビル……。

そういった観客を、そしてセルマを救うのが合間合間に挟まれるミュージカルシーン。これが本当に素晴らしい。

通常のカメラワークはドキュメンタリータッチのリアルさ最重視のものなのですが、ミュージカルシーンは一転、考え抜かれた美しい映像となっています。

セルマは常に音楽を探しています。

この差は、ミュージカルシーン(=セルマの空想)が現実ではない、セルマにとっての幸せな瞬間、夢の別世界であることを表していると思います。

歌うこと、それはセルマにとって唯一の楽しみであり、救い。

この映画で聞くことができるビョークが歌う楽曲は本当に素晴らしくて、とても印象的な物ばかり。その曲が素晴らしいほど、セルマが生きている現実の過酷さが際立っている構成もまた、観客の心を締め付けます。

セルマソングス ~ミュージック・フロム・ダンサー・イン・ザ・ダーク~ 山田ももちろん持っています。

また、山田がとても心惹かれたのが、セルマが収監された留置所の女性の看守

この看守さんの演技、本当に心にぐっときます。

髪の毛の色的にセルマと同じ東欧系であることを感じてさせる彼女、息子がいるという共通点もあり、看守という立場を超えてセルマに共感している姿がとても印象的。彼女が最後の最後までセルマを思い、支え、そして悲しんでいる姿がまた更に観客の心を締め上げます。

山田は彼女のこの表情で涙腺崩壊してしまいました。。

 

確かに暗い、重たい、救いのない映画です。でも、きっと最後にセルマが見ていた世界は美しいミュージカルの世界であったはず。セルマは、最後の最後で最高に幸せな瞬間を迎えられたことが確信できるラストシーンであり、そういった意味ではある意味ハッピーエンドな気もします。

2時間半ほどの長い映画ですが、人生の厚みを確実に増してくれる映画です。絶対おすすめ!

 

ケアマネ的視点

・人生はある意味無情な物。

・悪意はどこにあるか分からない。

・強く想い行動し続けければ、願いは叶う。

月刊・山田が見た今月の居宅介護支援センターまごのて北山 ~11月号~

※最新の僕達の自己紹介はコチラ。

いよいよ冬が近付いてた昨今、僕達の様子をこっそりお届け。

①佐野メンのお言葉チョイス

          山田の心境……いや、嘘です。断じて嘘です。

佐野メンは山田に率直なお言葉をくださいます。

scene.A 山田が肩たたき棒を落とした時……

山田は肩こり、背部痛に悩まされています。なので身近に肩たたき棒を置いているのですが、それをうっかり落としてサノメンに当たってしまった時……

佐「いたっ! どういうつもりだ! 誠意を見せろぉ!」

 

scene.B 山田が儲かった時

後述しますが山田に小銭が転がってきそうな時……

佐「ほぉ! 山田さんは守銭奴ですね!」

 

誠意を見せろ、とか守銭奴、とか、普通に暮らしていて接する言葉じゃないですよね。貴重な体験をありがとう、佐野メン。

 

②山田の副業王への道

 

最近、山田の副業(某スキルマーケットにて出品中の戸籍取り寄せの商品)が順調です。

山田の副業はどこにカテゴライズされるのか……稼げない×初心者では再現しづらい、というところがピッタリかも。

cace.A 某戦国武将の子孫?

親から自身の家系が某有名戦国武将の子孫と言われているが調査可能か? とのお問い合わせをいただきました。

直系親族の戸籍の取り寄せ代行は可能ですが、それとは別に某有名戦国武将の現代まで続いている家系の情報が必要なケース。

某有名戦国武将の子孫とはいえ一般人である方の明治期までの方の情報をどこまで追えるか不明ですが、それでもいいのであれば、ということで1000円アップでお受けいたしました。

 

cace.B 相続関係の手続きに必要な傍系親族の戸籍の取り寄せ

とある相続の手続きのため、疎遠となっている傍系親族の戸籍を含めたいくつかの戸籍を取り寄せてほしいとのご依頼。

山田は知らなかったのですが、正当な理由があれば代理人でも傍系親族の戸籍取り寄せは可能である様子。

なかなかご裕福なご依頼者様のようで、想定の3倍近い金額でご購入いただけました。

副業が継続的に入ってくると、働き方の検討も可能ですよね……山田の模索はまだまだ続きます。

 

※当社インスタはコチラ

※当社開発のアプリ・介護支援連携サービス タスケルのインスタはコチラ

ケアマネ的youtube視聴記 ~ミステリーアワー~

山田は未解決事件、失踪事件が大好きです。自分でもよく分からないのですが、なにかこう、惹かれるのです。そこにあるというか、というか……。

 

そんな山田が巡り合い、最近どっぷりはまっているのがだてレビsideBにて更新されているミステリーアワーという番組です。

未解決事件好きであれば誰でも知っている松岡伸矢くんの事件も取り上げられています。

 

ミステリーアワー、というよりもだてレビというチャンネルの頭脳と言うべきキーフレームさんを中心に、一つの事件を一回一時間、おおむね三回の生放送で開設、考察していくこの番組。

映像関係の仕事をしているキーフレームさん。知的で物静かで素敵。

 

見どころ① 事件概要をかなり細かいところまで紹介し整理してくれていること。

未解決事件はマニア?の間ではすでに情報が出尽くしているものなのですが、それを俯瞰的に整理してくれています。

これにより、再度事件の全体像をつかむことができます。

ミステリーアワー名物、手書きのホワイトボード。これが事件を視聴者に可視化してくれます。

 

見どころ② 鋭すぎる考察。

キーフレームさん、その他の方々は事件の細部、さらにその奥の実に細かいところにまで言及し新しい説、新しい見方にまで至ることがあります。

今まで不動だった謎が少し、ほんの少しですが明かされそうになる感じがマニアにはたまりません。

特に山田が秀逸だと思ったのが嵐真由美さん失踪事件検証の会。テレビ局の闇を垣間見ることができます。

あまりに有名な 洋子のはなしは信じるな のメモ。このメモについてキーフレームさんがあまりに鋭すぎる考察を……。

 

一視聴者としてミステリーアワーを楽しんでいた山田でしたが、なんと、番組に関わることができました。

先日、ミステリーアワーで京都精華大学生通り魔殺人事件が取り上げられました。

忘れることのできない事件。実はこのサムネの写真も山田が撮ったもの。

改めて知ったのですが、山田は毎日、事件現場を通勤で通っています。現場の写真を撮り番組に情報提供したところ……。

キーフレームさんからお返事が!

キーフレームさんから直々にお返事が!

そして第二回目の放送ではなんと山田が撮った写真が取り上げられ、しかも山田への問いかけまで……!

山田のyoutubeデビューの瞬間。下に映っている影が山田です。

11:16辺りから山田の写真が取り上げられている場面です(T.Yと呼ばれているのが山田です)。よろしければご覧ください。

憧れのyoutuberと交流できて大満足な山田でした。

 

※当社インスタはコチラ

※当社開発のアプリ・介護支援連携サービス タスケルのインスタはコチラ

月刊・山田が見た今月の居宅介護支援センターまごのて北山 ~10月号~

※最新の僕達の自己紹介はコチラ。

なんだかすっかり寒くなってきました。今月も山田は見ていましたよ……こっそりと、うちの居宅の様子を。

今月は心温まる記事となっています。いやぁ、福祉っていいですね。

 

①姉御の心温まるお手紙。  

先日、姉御が担当させていただいていた方がご逝去されました……。私達の仕事、どうしてもそういう出来事はあります。

山田の場合はお礼のお電話をさせていただいておしまい、ということが多いのですが、姉御の場合はなんと、お手紙を頂かれました。

心温まるお手紙だったそうです……。

いいなぁ、山田もお手紙が欲しいです。

 

②ダース佐野の心温まるお言葉。

ダース佐野のご利用者さんもこの前ご逝去されたとのことで……出会いあれば別れありですね。。

色々な手続きの後、ご家族がわざわざダース佐野を事務所まで訪ねてこられまして、丁寧なごあいさつをいただいたそうです。

その場で「担当がダース佐野でよかった」という感激の一言も……。

いやいや、ほんと、こちらが感謝ですよね。

山田も感謝のお言葉、欲しいです。

 

③山田への感謝のおひねり。

僭越ながら、山田は某スキルマーケットにて「現役の主任ケアマネがケアマネの相談に乗ります」という商品を出品しています。

一週間の質問受付・回答をサブスクで1500円で出品しているのですが、今まで3回ほど売れております。

ここ最近はアクセスが無かったのでしばらく放置していたのですが、この前マイページを開いてみると、なんと問い合わせが。

「すいません、数日後に研修があるのですがその資料を確認していただけませんでしょうか」というような内容。

うーむ、期日も迫っているし、山田で対応できるのか不透明でしたがサービスの日数が少ないので1000円でお請けいてしました。

資料を送っていただき山田が確認、若輩者ながらアドバイスさせていただき返答させていただきました。

取引終了後、なんと追加で500円のおひねりを頂いていました……ありがたい。

感謝のお言葉に加えてお金までいただけるなんて……感激です。

 

姉御の件とダース佐野の件があり、どうすれば利用者さんからお手紙や感謝の言葉を頂けるのか……山田なりに考えていました。

二人ともカラーリングしたりパーマ当てたりされているので山田も髪でも染めようかなと思っていたところですが、うむ、とりあえずカラーリング材を買うのはいったんやめておこうと思います。

 

※当社インスタはコチラ

※当社開発のアプリ・介護支援連携サービス タスケルのインスタはコチラ

ケアマネ的ゲームプレイ記 ~ドラゴンボールZ カカロット~

皆さん、ドラゴンボールって、いいですよね。老若男女、みんなに好かれるモンスターコンテンツです。

そんなドラゴンボールの後半部分、サイヤ人襲来編→魔人ブウ編までをまとめたゲームが発売されました。それが ドラゴンボールZ カカロット です。

 

山田の数少ない趣味がゲームでして、ずっと気になっていた今作、お手頃になってきたタイミングを見計らって購入、さっそくプレイしました。

このゲームは、かつてドラゴンボールを見ていたすべての人にお勧めできる秀作です!

 

色々と気になる点はあります。例えばバトル。

見た目はとても派手。でもあまり楽しくないバトル……。

 

劇中の戦いをとてもよく再現はされているのですが、爽快感はあまりなく作業的、成長要素もあるのですが自由度はあまりなくて楽しめる様子は少なめ。

 

そしてメインストーリー、サブストーリー以外の要素が希薄なこと。

釣り用のしっぽをつけて魚釣りができます。

 

レース、釣り、料理などいろんな要素があるのですが、必要性があまりなく、全然やらなくてもゲームが進行できるため、わざわざやろうと思えません。

この辺はがっかりなポイントですが、それを上回る、上塗りして余りあるgoodポイントがあるのです!

 

①ストーリーをさっくり追体験できる。

 

ドラゴンボール、マンガもアニメもかなりの長編ですよね。

ドラゴンボールのストーリーが綺麗なヴィジュアルでよみがえります。

 

特にアニメ、昔のアニメあるあるなのですが、間延びがすごい! 個人的にはナメック星でのギニュー特戦隊・リクーム戦、悟飯とクリリンが苦戦している中、悟空の到着を待ちわびるという場面があるのですが、そこの間延びが半端なかった思い出があります。

ベジータ、クリリン、悟飯、そして視聴者を絶望的な気分にさせたギニュー特戦隊・リクーム。

 

しかしこのゲームでは原作のストーリーをバトル中心にさっくりまとめてくれています。それだけでも十分やる価値あり! 忙しい社会人の方でも改めてドラゴンボールの物語をたどることができます。

 

②魅力的なサブストーリー。

ドラゴンボールにはいろんな登場人物がいます。特に悟空の子供時代は色んな所に行って色んな人と出会いながら冒険をしていました。

サイヤ人襲来編以降は本格的なバトル展開になったので子供時代の人物が登場することはほぼなかったのですが、サブストーリーではそういった懐かしの登場人物達のその後を知ることできます。

懐かしのハッチャンにも会える!

 

これはドラゴンボール好きな人にはたまらないもの。

山田はストーリーをクリアした後もサブストーリーをこなしたくてまだプレイしています。

 

③ドラゴンボール屈指の名場面がゲーム内で体験できる。

ドラゴンボール、泣きポイント意外にたくさんあります。もっともポピュラーなのがピッコロが悟飯をかばうところですが、その他の場面も綺麗なグラフィックできっちり再現されています。

あのピッコロが……涙なしには見られません。
あのベジータがほかの誰かを頼るなんて……。
絶望的な状況を覆した親子かめはめ波。
初めて自分以外の誰かのために戦うことを決めたベジータ。

 

もう感動もの……コントローラーを手放せず流れる涙をそのままにしたものです……。

 

このゲーム、忙しくなってしまったかつての子供達にぜひ、プレイしてもらいたい逸品です。めっちゃお勧め!

 

ケアマネ的視点

・いいものはいい。

・名作には理由がある。

・歳をとると涙もろくなる。

 

※当社インスタはコチラ

※当社開発のアプリ・介護支援連携サービス タスケルのインスタはコチラ

月刊・山田が見た今月の居宅介護支援センターまごのて北山 ~9月号~

※最新の僕達の自己紹介はコチラ。

さて、今月からは山田の主観から私が勤務する居宅介護支援センター・まごのて北山の様子をご報告させていただこうと思います。加えて山田の近況も……そこ! 別に知りたくないとか言わない!

 

①姉御の失敗

山田と姉御の繋がりを破壊しようと企んだ極悪マグカップ。

姉御は最近、カフェインを解禁されました。大のコーヒー付きの姉御が長らく我慢していたコーヒー……山田が心を込めて入れさせていただきました。

姉御「山田さん、おいしいですよ!」

山田「でしょー。山田は近々脱サラしてこじんまりしたコーヒー屋さんをするつもりなんです」

……ガシャーン。

姉御、一口だけ飲んだコーヒーをご自身にぶちまけられました。

急な電話に出た際に腕に当たってしまったらしく……写真は今回の事件の容疑者の姉御のマグカップです。

 

 

②ダース佐野の生態

皆さん、お気づきだろうか……。

Dark Lord of the Sith、シスの暗黒卿は宇宙に二人しかいない悪の権化です。その一人がなんと居宅介護支援センターまごのて北山に! それがダース佐野です。

もう周知の事実ですが改めてお知らせしました。

さて、そんなダース佐野はこの宇宙の悪を体現する存在。

お茶を飲み終えたからと言ってゴミ箱に入れるわけありません。

はっきり映っているでしょう……恐怖という概念を具現化したものが……。

写真がその証拠。

人間は飲み終えたお茶のペットボトルをこんな風に床に捨てませんよね?

みなさん、シスの暗黒卿って怖いですね。

 

 

③山田の近況

山田はこういう喫茶店を経営したいのです。

200万円の公募の当選は夢と終りましたが、副業が順調です。

また一件、売れました。ケアマネさん向けの、ケアマネさんの疑問にお答えします! というマニアックな商品。

買ってくれる人っているものですね……まぁ大した収入ではありませんが……。

山田のコーヒー屋さん、少しずつ近づいてきています。

 

※当社インスタはコチラ

※当社開発のアプリ・介護支援連携サービス タスケルのインスタはコチラ

ケアマネ的ドラマ鑑賞記 ~本気のしるし~

劇場版のメインヴィジュアル。

 

この度、山田は衝撃的な出会いをしました。

見ている途中、そして鑑賞後の衝撃……こういうドラマ・映画は数十本に一本あるかないか……癖が強くて万人受けしないのは確実なのですが、少なくとも山田にとってはここしばらくで一番の衝撃的なドラマでした。

トレイラーはコチラ(劇場版予告)。

 

中堅文具メーカーに勤める辻一路(森崎ウィン)は、仕事は無難にこなしつつ、同じ会社の二人の女性と関係を持ち続けている。仕事にも恋愛にも真剣になり切れない辻は退屈な日常を過ごしていた。

そんな辻は、レンタカーが踏切で立ち往生している場面に出くわす。思わず助けに向かう辻、運転席にいたのは葉山浮世(土村芳)。何とか救出した後の警察の聴取、浮世は運転していたのは辻だ、と答える。不信感をあらわにする辻、警察の誤解は解けたものの、浮世は辻に借金を申し込む。呆れ返る辻だが仕方なく連絡先を交換し浮世にお金を貸すことに。

しかし浮世との連絡がつかないまま。そんなある時、辻は街中で寝入っている浮世を見つける。無視しようかとも思う辻だったが、迷惑をかけるだけかけて姿を消した浮世への怒りから彼女に声をかける。

期せずして再会した辻と浮世、二人は破滅への道を一緒に踏み出していたのだった……。

 

というような内容。あらすじからもわかるように、暗い話です。そして、特に前半は胸糞展開のオンパレード。

その主要な要因はヒロインの浮世。この人、とても不思議な人です。そして不愉快な人です。

 

特徴なさそうですがかなり個性的な浮世。

浮世は男性を自然と引き付ける不思議な魅力を持っています。その魅力で引き寄せられる男はたいていろくでもない人で……。ここが浮世のかわいそうな点。

加えて、浮世はそこまで悪い人ではありません。ただ思慮が浅く自分に正直であるがゆえに思い付きで突拍子もない行動をとり続けるのです。そのことが自分や周囲を巻き込むトラブルになっていくのですが、そんな自分をどうすることもできない様子。……見ていて、いらいらします。

浮世は天性のトラブルメーカーと言えるでしょう。

 

普通、物語って登場人物へのシンパシーが共感を引き付ける原動力になっていくと思うのですが、この本気のしるしはどんな登場人物にも共感できないにもかかわらずどんどん物語に引き込まれていくのが不思議なところ。この吸引力、です。

こういう理屈じゃ説明できない魅力、大好きなんですよね……。

半ば置いてけぼりにされるような展開の連続、でも見入ってしまう不思議。。

 

またこのドラマ、役者さんがとっても素晴らしい。主演の森崎ウィンさんと土村芳さんが素晴らしいのはもちろん、山田が一番いいなと思ったのが辻の本命の恋人・先輩を演じる石橋けいさん。

石橋さん、プロフィール写真や他の作品とは全然違う印象。役者魂を感じます。

この人が職場のお局さん、かつ辻の浮気を認めつつも関係を継続させている哀愁と言いますかもの悲しさというものを本当に上手に演じておられます。

 

あとあと、このドラマの演出も非常に独特。淡々としたカメラワーク、そしてほとんどないBGMそんな中で繰り広げられる目も当てられない、地獄のような展開……。

目も当てられない展開の中、一緒に転げ落ちていく二人。

一見地味にも思えるのですが、なんというか言いようのない生々しさというかリアリティを醸し出しているんですよね。

この辺りも好みが分かれるところかと思います。

 

実はこのドラマの監督、深田晃司さんという方なのですが、最近、LOVE LIFEという映画でヴェネツィア映画祭に選出されたそう。

深田晃司監督の最新作。要チェックや!

 

その報に触れたのがちょうどこのドラマにはまっている時だったので、なんかうれしかったです。

山田のセンスもそう的外れではないはず……。

 

ケアマネ的視点

・他人に迷惑をかけてしまうことはある。

・自分ではどうすることもできないことがある。

・ちゃんと助けを求められるようになろう。

月刊・今月の居宅介護支援センターまごのて北山~8月号~

※最新の僕達の自己紹介はコチラ。

暑さも多少はましになり? 朝晩は過ごしやすくなってきた今日この頃、今月の僕達をご紹介!

 

①管理者・浅井

世の真理、等価交換の法則。

 

管理者・浅井がかつて京都市南部において吉○院卍会のトップとして周囲の不良少年グループと覇を争っていたのは周知の事実……。

その際の名誉の負傷して前歯を欠損、長らく差し歯で急をしのいでおられましたが、この度財力にものを言わせてジルコニアにされたとのこと。

十万まではしなかったそうですが……美しい前歯のためにはそれなりの費用が必要なのですね。。

 

②姉御こと安岡さん。

あくまでイメージ図です。

 

姉御はお盆、妹さん家族とプール遊びをされたとのこと。

自宅のお庭でプール遊びができるなんて……うらやましい限りですね。

スズメの額ほどの庭しかない家に住んでいる山田は羨望のまなざしです。。

 

③ダース佐野

ダース佐野の意外な一面。

 

宇宙の悪の二大巨頭であるダース佐野ですが、意外にも観賞植物がお好き。

先日も最近植物の販売会に信楽まで行かれたとのこと。

信楽の皆さん! 宇宙に二人しかいないシスが信楽にお邪魔していたみたいですよ!

 

④川西さん

川流れマスオさん。

 

川西さんはひっそりリア充

今年は3年ぶりに山奥へ行ってBBQを満喫されたそうです。BBQ、それはリア充にしか許可が下りないきらきらレクリエーション!

写真はその際に川に流される川西さん……もとい、マスオさんの図です。

 

⑤平社員山田(当ブログ担当者・西日本至幸福王)

隠し撮りされた山田の近影。

 

山田、副業が順調です。

8月は戸籍の取り寄せ・解読代行とCMさんの悩み事・相談承ります!という商品でおおよそ1万円ほど売り上げました。

そして、賞金200万の公募に当選する可能性もあり……(実質はほぼ0%ですが)。

山田、もうすぐ成金になります。

 

【最後に……】

長らく続けてきました月刊・今月の居宅介護支援センターまごのて北山 ですが、「毎月ネタがない」という一部の職員の声により、今月でいったん終了となります。

 

※当社インスタはコチラ

※当社開発のアプリ・介護支援連携サービス タスケルのインスタはコチラ

ケアマネ的映画鑑賞記 ~燃えよ剣~

山田と言えば新選組、山田が京都の地にやってきた元凶でもある新選組。

山田が新選組にを奪われる大きなきっかけになったのが司馬遼太郎著の名作、燃えよ剣

それが映画化され、そしてこの度Blu-ray、DVD化されました。トレイラーはコチラ

映画館で鑑賞した山田はもちろん予約にて購入。今回はこの作品をご紹介します。

 

武州・多摩の石田村の豪農の子、土方歳三(岡田准一)。喧嘩に明け暮れる歳三を村の人々はバラガキ(乱暴者、不良少年)と呼んだ。バラガキの歳三は天然理心流・試衛館の跡継ぎ、近藤勇とその弟子である沖田総司と剣の腕を磨きつつ、自身の生き方について思い悩んでいた。

時は幕末黒船来航幕府による開港により尊王攘夷思想が興隆。幕府は討幕派の志士による天誅の嵐が吹き荒れる京都の治安維持のため、腕に覚えのある浪士を募集する。これを世に出る好機とみた歳三と試衛館の面々。

やがて歳三は政争の中心である京都で新選組を結成、幕末の動乱に巻き込まれていくこととなる。新選組・鬼の副長として、そしてバラガキとして戦いぬく歳三が至る結末とは……。

 

というような内容。原作のボリュームを映画一本に収めるのは到底不可能なので、まぁまぁの駆け足でお話が進んでいきます。なので予備知識があったほうが楽しめるとは思うのですが、それでもうまく原作をまとめておられるな、という印象。

映画はもちろん、歳三最後の戦場である箱館戦争まで描かれます。

 

役者さんは全体的にちょっと老けすぎかな……という感は否めないのですが、それでも皆さんとっても上手に演じておられます。

とくに井上源三郎役はその傾向が顕著。井上さんは享年39歳なのです……。

 

特に沖田総司役の山田涼平さんが最高! 今までいろんな沖田総司を見てきましたが壬生義士伝堺雅人さんが演じていた沖田総司と並ぶくらい、好きな沖田でした。

岡田さんの歳三と山田さんの沖田は本当に絵になります……。

 

新選組は池田屋事件を経て一躍名を轟かせますが時勢に抗うことは叶わず敗北と離別を重ねていくことになります。そんな中であくまでバラガキとして戦い続ける歳三を岡田准一さんが泥臭く演じておられるのも好印象。

洋装移行後の土方さん。かっこいい!

 

また、最新の新選組映画なだけあって時代考証も現在の新選組研究をしっかり踏襲されています。

例えば新選組の隊服。新選組と言えば浅葱のだんだらが有名ですが、史実的にはだんだらの隊服はごく初期に少し使用された程度、その後は黒羽織に黒袴が新選組のトレードマークでした。この辺りもちゃんと反映されているところも山田的にはぐっときました。

黒づくめの新選組もクールでかっこいい!

 

新選組がいたのはたかだか約160年前。日本の歴史を振り返ると割と最近の話。

身近な世代に何かを信じて戦い抜いた人がいたということを知ることは、人生の励みというか、になると改めて感じた山田でした。

 

ケアマネ的視点

・今の時代は歴史の延長線上にある。

・今という時代も未来のルーツになる。

・今を一生懸命生きよう。