スナック北山

腐女子の館 黒豆編

 こんばんわ、ママです。

 

世界ではコロナウイルスの蔓延により、様々な影響が至る所に出ております。

本来なら花見や、入学式、歓迎会などイベントのシーズンでありますが

この状況下では自粛せざるを得ません。

楽しみが減ってしまったなら、今できる楽しみを作りましょう!

というわけで、ママからの贈り物です。

今後も色々ご提案できればと思っています。

 

さあ、始まりました、待望の腐女子の館シリーズ。

ママの腐女子ぶりを、大いに、余すところなく

ウイルスが吹っ飛ぶほど、発揮していきたいと思います。

今日は、ママお休み。ブログ「スナック北山」閉店です。(笑)

ご飯のおかずに、酒の肴に、眠れぬ夜のお供にご利用ください。

また、未就学児の読み聞かせに使用する際には、表現を変えていただけると幸いです。

 

以前にご紹介しました、ユキたん(仮名)とたから(仮名)の

ラブラブハッピーライフを、ただただ暴露していきたいと思います。

初回は最近二人に起きた、かわいいプチハプニングをのぞき見します。

 

普段はそれぞれ仕事がある中、たからが休みでユキたんが早めに帰れるある日

たからは、大好きなユキたんが、大好きな黒豆を作ることに。

普段は、ユキたんがご飯を作ってくれているので

たまには作ってあげたいと、腕を振るうたから。

ユキたんに、行ってらっしゃいのチューをした後、すぐに黒豆作りを始める。

順調に調理は進み、ほかのメニューも仕上がっていた頃・・・

ユキたんは勤務先で、少しでも早く帰れるよう仕事を進める。

「今日はご飯、楽しみにしててね♡」と言った、たからの笑顔が脳裏をよぎる。

自然と顔がにやけるユキたん。

「可愛すぎる・・・」心の声が思わず漏れそうになる。

普段はクールなユキたんの緩んだ顔を見て、職場の女子がざわつき始める。

そんなことには気づきもせず、たからのもとへと家路を急ぐ。

帰り道でお土産のシュークリームを購入し、驚かそうと静かに玄関を開ける。

と、部屋は真っ暗。しかし、たからの靴はある。

何かあったのかと、急いで電気をつけ、たからを探す。

するとソファーの上で小さくなり、すすり泣くたから。

「たから?」と優しく声をかける。

たからは涙目で見上げ、泣きながら事情を説明していく。

なかなか聞き取れないながらも要約すると、つまり黒豆を失敗したと。

「なんだ、そんなことか・・・」と思わず床に座り込むユキたん。

「だって、一生懸命作ったのに、ユキたんに食べて欲しかったのに・・・」

と再びあふれだす感情、こぼれる涙。

その健気な思い、儚げな表情、俺への絶大な愛!!

全てが愛おしく、気付けばたからはユキたんの腕の中。

それでも、なかなか泣き止まないたからの肩を掴み

「ありがとう」と精一杯の感謝を込めて口づけをする。

突然の出来事に、うつむきがちに照れるたから。

そのあまりの可愛さに、心拍数は200を超えているであろう、ユキたん。

キュン死に寸前!!!

神々しくも、美しい愛のカタチ。

その後二人は、失敗した黒豆とお土産のシュークリームを食べながら、

甘い甘い長い長い長~い夜を過ごしましたとさ。

おしまい。

※この物語は、ほぼほぼフィクションです。

 

昨今、愛の形は多様化しております。

好きな者同士が幸せでいられることが、何よりの幸せ。

そんな二人を、ママは全力で応援します!

集まれ、腐女子!!  そこで一句。

  腐女子とは

     夢と希望の権化なり

 

夢と希望の塊

まごのて北山へ、おこしやす♬