坂上裕子 のすべての投稿

ママのおすすめ 食品編

別にぴよを求めてないけど

横にいられると思い出す

ぴよのドルチェ&ガッバーナの

その香水のせいだよ。

 

なんて、ぴよのことを考えながら残暑を過ごしています。

ママのココ、まだ空いています。

ぴよのことはさておき、

今日も可憐に、ブログ「スナック北山」開店です。

 

毎日、料理におむつ交換、入浴介助と

花嫁修業に励むママですが、

とりわけ料理は趣味の一環でもあります。

今日は、そんなお料理大好き美人ママのおススメ食品をご紹介。

 

まずはカレー粉。

 

カレーは、結局いろんな食材や隠し味を入れるので

何でもいいといえば、何でもいいのですが、

いろいろ入れるからこそ、あまり凝ってない味のものが好きで

これを愛用しています。

 

長年愛用している塩と、最近使い始めたオイル。

 

ギーは、インドで使われているバターオイル。

アーユルヴェーダにも使用されるほど純粋な乳脂肪です。

何年も気になっていましたが、最近やっと手に入れました。

クレイジーソルトは、ハーブやなんやかんや入った万能塩です。

ハーブの癖があまりないので、使いやすい一品となっています。

 

これも長年愛用の顆粒だし。

ストックがなかったので、豚骨スープは使いさしです。

休みの日に鶏がらスープを作ることもありますが、

これはある程度味がついているので、なんにでも使えます。

茹でた野菜に春雨を入れ、鶏がらか、豚骨を入れるだけで完成。

またカレーや鍋の隠し味にももってこいです。

 

昨年から使い始めた、水出しコーヒー。

これはとにかく便利なだけで、特に豆にこだわりはありません。

ママは豆乳ラテを愛飲していますが、

コーヒーが熱すぎると分離してしまうので、使い始めました。

猫舌ママは、ぬる燗が好きです。

 

さて、ママのお気に入りの食品をご紹介いたしましたが、

皆様もご存じのものはありましたでしょうか?

良ければ一度ご賞味くださいませ。

 

ママと花嫁修業をしたい人も

未知の食材を探したい人も

一緒にコーヒーを飲みたい人も

まごのて北山におこしやす♬

 

※手土産はいりません。断じて催促ではありません。

※余談ですが、ママはバタークリームケーキが好きです。

ママの知らない世界 2

月日とともに、おじさんの黒さが威力を増し続けている今日この頃。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

ママは、黒き渦に巻き込まれることなく

純白のまま日々精進しています。

ホワイトの代名詞のようなお店、ブログ「スナック北山」開店です。

 

この世界にはママの知らないことがまだまだあります。

前回は入れ歯の新しい使い方をご紹介しましたが

今回は五臓六腑の中でもトップに君臨する

心臓についてのお話。

ハート、心の臓、つまり心臓は人体にとってなくてはならない存在。

と思っていましたが、実はそうでもないのかもしれないというノンフィクション。

 

①手術で摘出した婦人

とある夫人と話をしていた時、緊急搬送された時のことを話されました。

ちょっと調子が悪いなと思い、休みながら自宅へ歩いていた時

玄関前の階段で動けなくなり、座り込んでしまったそうです。

しばらく座っていると、ご近所さんが声をかけて下さり、

その後意識が朦朧とし、救急車を呼ぶことに。

病院での検査の結果、心臓が悪いと診断されたそうです。

で、「そのまま手術で心臓を取ってもらったの。」と。

心臓を取る・・・。どういう意味かと思わず聞き返すも

再び「取ってもらった。」と。

悪いところを治せば、長生きできるというお話。

夫人は今もお元気です。

 

 

②報告

ママはある女性と知り合いました。

彼女とは時間をかけ、少しずつ意思の疎通が取れるようになったある日のこと。

彼女が笑顔でこちらへ駆け寄り、

「心臓止まった。」とだけ告げ、その場を後にしました。

心臓は体内にあれば、稼働しているかどうかは関係ないというお話。

彼女は今日も歌を歌い、全力で走っています。

 

 

③ナースコール

ママが以前、急性期の病院で働いていた時のこと。

BLS研修(一時救命処置)を受けたある日のこと。

看護助手として働いていましたが、

看護師が受ける研修も受けていると分かれば、

安心感につながると思い患者様に話をしておりました。

すると患者様、「止まったらナースコール押すから、助けてね。」と

心臓が止まってからも助けを呼ぶためなら動ける人もいるというお話。

患者様は、ママの助けを必要としないまま退院されました。

心臓に関する3つのエピソードでした。

 

世界にはいろんな人がいます。

心臓が必要でない人もいるかもしれませんが、大事な臓器です。

皆様におかれましては、くれぐれも大事にお取り扱いください。

ちなみに、ママのまじママは心臓に癌ができたと言っていました。

まじママは、痛みの原因をすべて癌のせいにし、

そして全て自然治癒で克服てきた強者です。

通常心臓に癌はできません。

しかしながら、まじママは、少なくとも2~3回はかかっています。

でも元気です。ママより元気です。何よりです。

 

こうしてママの世界は、広がり続けます。

 

心臓が必要な人も、

心臓が不要な人も、

世界を広げたい人も、

水分をしっかり取りながら

まごのて北山に、おこしやす♬

 

 

ママのごはん 3

 長月に入りましたが、暑さは継続しております。

皆様、熱中症などにかかっておられませんか?

夏バテしていませんか?

ママは、相変わらずきれいです(笑)

暑さは吹き飛びませんが、心のリフレッシュのため

ブログ「スナック北山」開店いたします。

 

今日は久しぶりにママのごはんをご紹介。

しっかり和食メニュー。

ぶり大根、ごはん、みそ汁、なすとキノコの煮びたしおろし和え。

お味噌は好きですが、みそ汁は滅多に作りませんので、

久しぶりのみそ汁となりました。

 

夏バテには肉!

ということで、肉メニュー。

いちぼのステーキ、チキンの照り焼き、アボカドと豆腐のソテー

キノコと納豆の酢の物

肉はやっぱりごちそうでした。

 

雑誌でレトロな喫茶店の特集を見て食べたくなったナポリタン。

アボカドを添えて。と根菜スープ。

 

休日の朝昼兼用ボリュームランチ。

ベーコンとパイナップルのピザトースト、ソイラテ

グリル野菜のサラダ、ピリ辛豆乳ドレッシング。

さすがにサラダが多すぎて、夜ご飯へ持ち越し。

 

ちょっと中華風に

ホタテと青梗菜の炒め物、かきたまスープ、キノコのごまナムル

こんにゃくの田楽。

 

と最近のママの食卓でした。

たまには手を抜き、お弁当を買ったりマックへ寄ったりもします。

でもマックの次の日は胸焼けがおこります。

ちょっとショッキングな最近の小話でした。

 

ゆかいな仲間たちとご飯を食べたい人も、

ママと同じ釜の飯を食べたい人も、

ヘルパーとして料理の腕を発揮したい人も

まごのて北山におこしやす♬

さよなら、ぴよ司

ある夏のこと

汗かきママは汗じみ予防のために

大理石のような柄の、いい感じのシャツを着ていました。

これなら、安心と思っていた矢先

「夏は暑いから大変ですね。」

「あせ、大変やね。」

「汗じみできてますよ。」

と、連続で間違われたのがちょうど一年前。

この道を通った夜のお話。

 

なんて言いながら、今日もブログ「スナック北山」かいて~~~ん。

 

汗のことはさておき

今日はママから、とても重要なご報告があります。

約5か月間苦楽を共にしたぴよ司が、ママの知らない間に旅立ってしまいました。

ある日突然、まるで神隠しのように。

ぴよ司と一緒になったあの日から

苦しみも悲しみも酸いも甘いも乗り越えてきたつもりが、

いつの間にかすれ違い、何も言わずに去ったぴよ司。

たくさんの、グッドルッキングぴよ達に別れを告げ

ただひたすらに、ぴよ司だけを見ていたのに。

せめてサヨナラくらい言わせて欲しかった・・・。

さよなら、ぴよ司・・・。

悲しみに明け暮れるママは

額やこめかみ、首筋や背中から大粒の涙を流しながら

やっとの思いで過ごしています。

この涙に効くのは、新しいぴよか、OS1だけ・・・。

 

 

それでもママは走り続けます。

ママを待っているたくさんの人がいるから!

ママのココ、空いています。

 

新しいぴよも、

ママのように仕事に生きたい人も、

婚期を逃した美しすぎる四十路も、

熱中症に気を付けて

まごのて北山におこしやす♬

 

ダンディの試練

 

猛暑の中でも清らかに咲く花、ママ。

向日葵のような、かわいい満面の笑みで人々を魅了し、

朝顔のように美しく立ち振る舞い

大輪の蓮の花の浮かぶ沼のごとく汗だくになり

がむしゃらに夏を謳歌しているママが

本日も全力でブログ「スナック北山」オープン致します!

 

さて以前ご紹介しました、馬堀のカリスマ、ダンディ。

ピッチピチの若さで色々な難点を隠し、皆にかわいがられています。

まだまだ初体験だらけの彼は、日々様々な研修に臨み

修行の毎日を送っております。

そんな、ある日の研修での一幕。

 

最近自炊を始めたばかりのダンディ。

包丁の使い方も、味付けの意味も分からないまま

無我夢中で調理支援にに取り組んでいましたが

優しさしかない先輩方の好意で、調理実習を開催。

応用、時短をメインの課題としたメニューを制限時間内に調理。

肉じゃがのレシピをアレンジした、手羽元と根菜の煮物。

ジャーマンポテト。

きゅうりもみのアレンジ3点。

制限時間は1時間。

ママの慈悲溢れる𠮟咤激励をうけながら、何とかクリア。

先輩方とともに試食会を終え、

ほっとしたダンディの本当の試練はここから始まる・・・。

 

優しさ溢れる漆黒の先輩が、自らの手で用意してくださったベビーシュー。

手作りを匂わす、若干いびつな形。

これは、もしやと見上げると、漆黒の闇に包まれた先輩の笑顔。

間違いない。ロシアンシュークリーム・・・。

あからさまに主張をしているシューが一人。

誰もが、フェイクか当たりの二択だけを予想する中

おもむろに手を伸ばすダンディ。

疲れのせいか、年功序列という日本の伝統を重んじてか

ママには理解できないまま、口へほおり込むダンディ。

からの、悶絶ダンディ。

若い男がのたうち回る姿は素晴らしい、今日の酒のあてに決定。

なんて思いながら鑑賞するママ。

彼を心配する声は聞こえず、笑い声だけが響き渡る空間。

そしてなぜか意地になり、水分も取らず飲み込むダンディ。

がんばれダンディ。負けるなダンディ。苦しむんだダンディ!

立派なヘルパーになるため、乗り越えるんだ!

※悶絶ダンディ、イメージ画像。

ご本人のプライドを尊重すべく、イメージ画像を使用しています。

 

これからも、激しく険しい試練の道を歩んでください。

ママを筆頭に、やさしさの塊のような先輩たちが

ダンディを見守っています。

 

試練を乗り越えたい人も

ママも酒のアテになりたい人も

ダンディと一緒に悶絶したい人も

まごのて北山におこしやす♬

ベビーシューは無料オプションです💛

腐女子の館 会議編

お待たせしました。

皆様待望の、腐女子の館シリーズ第二弾!!

おじさんとオーナーママが、かず君、たくみんと呼び合うようになりました。

が、それはさておき

今日は、北山一の仲良しカップルの近況をご報告したいと思います。

というわけで、本日はブログ「スナック北山」臨時休業しまーす。

 

最近の二人はLOVEが溢れすぎ

山小屋で抱き合ったり、二人の愛の巣を購入したりと愛を育みまくっています。

そんな二人がイチャイチャを止められなかった、ある会議の日の話。

始まり始まり~~(‘ω’)ノ

 

会社に内緒のお付き合いをしている二人は

いつもは離れて座るように、気を付けていたのにも関わらず

直前まで二人いたがために、離れられず隣り合わせで会議に臨むこととなった。

会議の時間まで、たからの膝枕で耳かきをしてもらっていたユキたん。

膝から伝わるたからの熱を思い出し、思わず机の下で手を握る。

突然のことに驚き戸惑うたからの頬は、真っ赤に染まっていく。

照れながらうつむくたからの姿を横目に

緩む口元を抑えられないユキたん。

こんなご時世、マスクのお陰で何とか周りの社員には気づかれずに済んでいるものの

たからが照れ続けている限り、抑えるすべがない・・・。

なんといっても、たからの照れている姿はユキたんの大好物。

会議の内容が全く入ってこない。

そんなユキたんの苦悩をよそに、あろうことか、たからが手を握り返してきた!!

まさかのこのタイミングで。

しかも、恋人つなぎ!!

本当ならば、今すぐにでも抱きしめて熱いベーゼを!

しかし今は会議中。

はやる気持ちを抑え、手を握り返すことしかできないこのもどかしさ。

何とか意識を会議に戻し、落ち着きを取り戻す。

こんな日に限って、長引く会議。

そして汗ばむ二人の手。

上の空ながらも懸命に受け答えをし、乗り切った長い長い会議。

いや、実際は長く感じただけかもしれないが

二人にとって、特にユキたんにとっては地獄のような時間が終了した。

目の前にいるアイラブたからに、急いで帰れとラインを送る。

会議終了後の雑談も程々に、時間差で会社を後にする二人・・・。

 

一足先に愛の巣へ着いたたから。

会議中のユキたんを想い出しながら、ご飯の支度を始めるも

遅れて帰宅した愛しい人にその手を止められる。

我慢も限界を超えていたであろうユキたんに

一晩中もみくちゃにされたであろうことは、想像に難くない。

そして二人が会議で隣に座ることはもう二度とない・・・。

 

という、8割ほんとのお話。

二人の愛は本物です。

 

愛しい人を見つけたい人も

腐女子も

ヘルパーになりたい人も

まごのて北山におこしやす♬

 

ママの写真館

こんばんわ。

天真爛漫、純真無垢、美人薄命、プライスレスのママです。

今日も真っ白なママが、ブログ「スナック北山」開店いたします。

 

さてさて、暑い日が続き、ガリガリになったママですが

今回も大人の技法を使っていくつかの写真をご紹介。

 

まずは、奇跡の一枚

 

これは、鷹峯の大自然を撮ったものですが、実は二枚です。

何気なく撮った二枚の写真が、奇跡的にぴったり合いました。

日頃の行いと、天性の美しさの賜物です。

加工はしておりません。

 

次は、2本の虹。

虹の根元を見つけると、願いが叶うとされています。

2本あるので、どちらかは見つけられるだろうと考え、

自転車を走らせたママですが、待っているお客様を思い出し引き返しました。

いつかまた見つけた時には、根元を探しに行きたいものです。

見つけた方は、ママの美貌と世界平和を祈ってくださいませ。

がっつり期待をして、お待ちしています。

 

これは、ママのママが作った目玉焼き。

なぜか、突然、もう大人になっているママに子供の日の朝に作ってくれました。

我が家では特に子供の日にお祝いをする風習がないにも関わらずです。

お茶目なママで、甥っ子は家系で一番面白いと自慢しております。

ディズニーのくまのプーさんが出てこなくて

「犬のくまさん」と言い切る、ちゃっめっけぶりです。

 

ということで、いくつかのお写真をご紹介いたしました。

大人の技法って?となっておられる方もいると思います。

聡明な方は、お気付きかもしれませんが、

ママが今回使った技法は、「手抜き」です。

 

日に日に暑さが増してまいります。

皆様も程々に「手抜き」を使いながら

熱中症に気を付けてお過ごしください。

 

ママと写真を撮りに行きたい人も、

虹の根元を見つけに行きたい人も

熱中症対策を取りながら、

まごのて北山におこしやす♬

 

 

ママコレ 2020

雨、雨、雨の毎日ですが、皆様いかがお過ごしですか?

かわいいにもほどがある、ママです。

雨を吹き飛ばす勢いで、

今日もブログ「スナック北山」オープンです。

 

今回は、以前ご紹介いたしましたママの基礎疾患

収集癖についての現状を過去を振り返りながら、ご報告したいと思います。

ママは、幼児期より収集癖を患っておりまして

一番古い記憶ですと、着せ替え人形の洋服をひたすら集めておりました。

昔からお人形遊びが苦手で、小学校に上がりジェニーちゃん人形が流行った際にも

同じように服や小物ばかりを集めておりました。

そのころから病状は悪化していき

シルバニアファミリーの家具と小物(人形なし)、消しゴム、におい玉、ノート、

サンリオグッズ、セサミストリートグッズ、シール、ハギレ、ポーチ、画材

などなど気にいるものを見つけては、集めていました。

高校生になり、愛読書が賃貸情報誌になってからは

一人暮らしを夢見て食器、タオル、ミニカー(壁一面に飾るため)

さらに夢は広がり、雑貨屋さんを開店すべく

レトロな雑貨を、のべつ間もなく集めておりました。

しかし、大人になるにつれてママは気付くのです。

集めるべきはモノではなく、お金だと・・・

 

現在症状は落ち着き、食器と、洗濯ネットのみです。

洋服やアクセサリーなどもアホ程ありますが、

集めているわけではなくママという職業柄です(笑)

ということで、ママの食器コレクションを一部ご紹介したいと思います。

左は、高校生の時に初めて買った食器。ママの食器人生の始まりです。

いつか依頼が来るであろう、情熱大陸のために置いています。

右は、ママコレの中で一番高価な食器。

ベネチア、ムラノ島で購入。手のひらサイズで、一脚6000円ほど。

左は、ウエッジウッドのサムライシリーズ。

昔は手が届かず、大人になった時には廃盤になってしまいました。

右は、最近とても気になっているアンソロポロジー。

日本ではなかなか探すのが大変です。

左は、深川製磁の寿赤絵シリーズ。

まだ魅力を感じていなかったときに、実家にあったものを手放し後悔・・・

右は、ダヌーンのマグカップ。

かれこれ15年以上集めていますが、なかなか気に入る柄出会えず。

こちらも日本では探しにくいシリーズ。

左は、リカルド・マルツィのオレンジとパスタのプレートと

チーズのついたチーズピック。

右は、最近たまたま出会った埴輪たち。

今後集めてしまいそうな予感・・・

 

以上、ママがぴよより大事にしている、ママコレでした。

これはほんの一部で、現在も増え続けています。

あなたのお気に入りの食器は、皿ですか?グラスですか?茶碗ですか?

食器を変えてみると、食事が華やかになりますよー。

 

収集癖を患っている人も

ママコレをもっと見たい人も

竹内涼真も

高橋一生も

まごのて北山におこしやす♬

 

ママとゆかいな仲間たち 3

昨年は、そこはかとなく過ぎていった梅雨ですが

今年はしっかりやってきて来やがった梅雨。

皆様いかがお過ごしですか?

毎日元気に過ごしまくっている、天真爛漫なラブリーすぎるママです。

こんばんわ。

今日もブログ「スナック北山」オープン開店です。

 

さて、久しぶりにママのゆかいな仲間たちをご紹介して参りたいと思います。

今回は、20代の若手をピックアップ致しました。

例によって、個人情報は伏せておりますので、悪しからず。

 

小西真奈美(仮名)

通称 のりピー

当店自慢のNO,1  揺ぎなき不動のNO,1

永遠の25歳小西真奈美(仮名)。

その美しさ故に、大概の事は許されてしまうが、

美人は何をしても許されると、横暴にふるまう輩ではなく

自然と「可愛いから、まぁいっか。」となってしまう。

まるで魔法使い。いや、美少女魔法使い。

また、べっぴんさんにありがちな天然でもあるが、自覚症状はない。

生粋の天然物の天然であり、巷で煙たがられる、養殖の天然ではなく

魚沼産のコシヒカリや、大間のマグロに匹敵するれっきとした天然物である。

唯一神様の与えた欠点は、短気。

しかし、もはやそれも長所となりえる・・・

ママと共にビューティーペアでデビューの予定があったが痛いのが耐えられず断念。

ママは体が硬すぎて、断念。

※画像はほぼイメージです。

 

好きな物・・・お金、金

嫌いな物・・・碧いうさぎ

心を清めるもの・・・掃除機掛け

美貌の秘訣・・・週に1~2回水着で市内を徘徊すること。

将来の夢・・・億万長者

 

 

青二才

通称 こ●すけ

エナジードリンクを大量に摂取するも、その肌は日増しに透明になり

人感センサーに反応されなくなる。

現在は改善され、姿かたちがぼやけることなく生活できているが

やはり人感センサーには無視される。

女性を愛し愛されることを生業とし、一点集中型で男に磨きをかけている。

自分の認める美しさを持つ者以外は、女性と認めず

世の女性の8割を敵に回すような発言も厭わない、芯の強さ。

残念ながら、それが仕事に生かされることはない。皆無。

ママに対して若さのアピールを前面に出す、不届き者。

ママデスノート用のメモ帳には名前が挙がっているとかいないとか。

※画像はイメージです。

 

好きな物・・・女性

嫌いな物・・・女性以外

休日の過ごし方・・・女性と過ごす

口癖・・・「やだな~、も~」

将来の夢・・・ひも

 

 

ダンディ

通称 イケメン

ダンディは、ミドルネーム。源氏名は、AKETI

読み方は、あけてぃ。

ホストクラブ「馬堀」のNO,1

馬堀では歴史に残るイケメンとして名を刻む。

その甘いマスク、屈託のない笑顔、さわやかなヘアスタイル

更にさりげない腰の低さ、ママをかっこいいと言った審美眼。

胎児からお骨まで、すべての者を魅了してやまない。

まさに、パーフェクトヒューマン。

先日、ママの大先輩の股間を借り、必死に研修に打ち込んでいたが、

その姿には、後光がさしていたそうな。

排泄介助をしてほしい、イケメンランキング2020で、見事一位を獲得!

※画像はイメージです。

 

好きなもの・・・お灸、長谷川潤、和風

嫌いなもの・・・キノコ、食べたことないけどムール貝、

嫌いな人・・・織田信長

座右の銘・・・敵は北山にあり!

将来の夢・・・介護業界の明智光秀

 

今回は美女と若者をご紹介いたしました。

北山には、ゆかいな仲間たちしかおりません(笑)

 

ママの大先輩の股間を借りてみたい人も

ダンディのために股間を貸すよ!という人も

美女を指名したい人も、

ひもを探していた人も

まごのて北山に、おこしやす♬

ママの伯父さん

ご無沙汰してます、ママです。

全腐連の活動が忙しく、少し時間が空いてしまいました。

蒸し暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

ママは相も変わらず、美しく咲き誇っております。

さて、今日もブログ「スナック北山」開店します。

 

今日は、ママの伯父さんについてお話をしたいと思います。

北山のエロおやじのおじさんではなく、

ママの肉親の伯父さんです。

 

ママの伯父さんは、映画のプロデューサーをしておりました。

昨年他界いたしましたが、それはそれは自慢の伯父でした。

ひとり身の伯父に、ママは溺愛されておりましたので尚更です。

さて、そんな伯父ですが、最後は静かにできるだけ誰にも知られずに

と、病床で呪文のように言っていました。

華やかな世界で、たくさんの人と長い間仕事をしておりましたので

最後もたくさんの人に見守られながら送ってあげたいとママは思っていたのですが、

本人の希望ですので致し方ありません。

ママが見送りましたので、寂しくはなかったと思いますが

伯父を送りたかった人はいるんではないかと、少し気にしておりました。

そんなある日、なんとあの北大路欣也さんと三田佳子さんが

なんとなんと、お別れ会を開催してくださいました。

某映画監督との合同のお別れ会ではありましたが

それはそれは盛大な会を開いてくださいました。

仕事が命のママは、参加できませんでしたが

多くの著名人の方々に見送って頂き、とても嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです。

普通にお会いできない方ばかりですので、この場からお礼をお伝えしたいと思います。

北大路欣也様、三田佳子様、西田敏行様、渡辺謙様、富士純子様、

小林稔侍様、佐藤浩市様、寺尾聰様、舘ひろし様、織田裕二様

そのほか大勢の関係者の皆様。

伯父の最期を華やかにしてくださいましたこと、心より感謝いたします。

ありがとうございました。

今頃は、高倉健さんや丹波哲郎さん、樹木希林さんと楽しく過ごしていると思います。

穏やかな日々を過ごしてほしいと思っておりますが、

また映画を作っているような気もします。

ママの仕事好きのルーツかもしれません。

 

いつかママの感謝が届くその日まで

ママは自転車を漕ぎ続けます。

 

ママの伯父さんの正体が知りたい人も

仕事が好きすぎて仕方がない人も

まごのて北山におこしやす♬