スナック北山

帰還

まだまだ寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

美しさの象徴、わがままボディーの代表格ママです。

こんばんわ。

今宵もブログ「スナック北山」オープンです🌸

 

今日は、皆様に非常に残念なお知らせをお伝えしなければなりません。

ママ、こりん星に帰ります。

こりん星で普通の女の子に戻ります。

ということで、ママが営業するブログ「スナック北山」は本日が最後となります。

次回からは、主任が営業するかもしれませんし

ランゲルハンス島の王子がやってくるかもしれませんし、

オーナーママが登場してくるかもしれません。

次回、開店の日にわかりますので、どうぞご期待ください。

 

まずは、営業許可証を剥奪されたママの闇営業を黙認してくださった

オーナーママに感謝いたします。

 

今日は、締めに相応しい偉人たちの言葉と、

今後のママの夢についてお話したいと思います。

 

偉人その1

日本を代表する文豪「高田純次」

数々の著名な作品の中から、ママが大事にしてきた一節。

「おっぱいには、夢と希望が詰まってるんだよ。」

27歳くらいの時に読んだ本にありましたが、体が痺れるほど衝撃でした。

ママの体の3割は、夢と希望でできていたのです。

そのころから、ママの夢は一段と大きくなりました。

 

偉人その2

大魔女「魔女っ子メグちゃん」

日本にたくさんの魔女がいた頃、

東洋の魔女や奥様は魔女、魔法使いサリーなどの魔女の中でも

とびきりセクシーでキュートなママの化身のような魔女。

そんなメグちゃんの主題歌の一部を抜粋。

「二つの胸のふくらみは、何でもできる証拠なの。」

 

夢と希望の塊で、何でもできる証拠であるおっぱい。

その母乳で大きく成長した全人類は

もはやその存在が夢と希望ではないかと、ママは考え至りました。

この地球(ほし)の素敵な哲学を胸に、こりん星に帰還します。

 

そして、こりん星で資産家のゲイと二世帯住宅で暮らし、

おなべバーでドンペリ、いやアルマンドでシャンパンタワーを作り

夜な夜な携帯彼氏に課金しまくり

醜く太り上げた体を、お金で引き締める。

そんな大きな大きな夢を叶えようと思います。

ありがとう、地球。

 

まごのて北山のことは嫌いになっても、ママの事は嫌いにならないでください。

ママの事は嫌いになっても、まごのて北山のことは嫌いにならないでください!!!

 

とりあえず一回

まごのて北山におこしやす♬

 

ありがとうございました♡(⋈◍>◡<◍)。✧♡