ケアマネの独り言

ケアマネ的映画鑑賞記 ~あの夏、いちばん静かな海。~

北野武といえばもはや世界的な映画監督ですが、今回紹介するのは彼の初期(三作目)の作品(予告編@youtube)。

聾の青年・茂はごみ回収の仕事をしている最中、壊れたサーフボードを拾う

同じく聾である恋人である貴子を誘い、海に行く茂。

サーフィンに夢中になっていく茂とそれを砂浜で見守る貴子。

やがて茂はサーフィンの大会に出るまでに成長するが……。

という内容。

この映画の特徴は、その静けさにあります。

聾の茂と貴子は、普段は手話で会話しているような描写はあるのですが、例えば手話に字幕をつけるとか、心の声をナレーションにするとか、そういうことはなされていません。

二人の気持ち、思いや心境は表情しぐさで表現されています。

波の音と久石譲の音楽(テーマ曲:silent loveは彼の隠れた名曲!)、そして二人のたたずまい、それがこの映画独自の静けさを醸し出しているのです。

山田の個人的なお気に入りはエンディング、エンドロールに入る前の場面。

泣けます。おそらく、泣けます。

ケアマネ的視点

・自分の好きなことは大切にする。

・大切な人には自分なりの方法で気持ちを伝える。

・泳ぎに自信があっても、海に入る時は要注意。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です