ケアマネの独り言

人事考課にて。

居宅介護支援センターまごのて北山では給与の査定に関して、そしてボーナス額の査定に関して社長と管理者による面談があります。

上の画像がイメージ図……というのは大嘘。

社長と管理者・浅井が所定の自己評価シートをもとに平社員・山田の働きぶり和やかに査定してくれます。

評価項目の中には、前回の査定から現在に至るまでの知識の向上を問う項目があります。

社「山田さんは最近、何か勉強したりしてることありますか?」

とのご質問……山田なりに仕事に関することで勉強していることをお伝えしました。

社「なるほど、その他に何か興味を持っていることってあります?」

との追加ご質問。

山「最近、華族にはまってます!!!」

きょとんとする社長。それも仕方ないこと。平成最後の年になって華族(詳細はwikiにて)に関心を持つアラフォー男子なんて、多分僕くらいなものです、きっと。

山田が華族に関心を持ったのは、公爵家令嬢・岩倉靖子という人物に興味を持ったから。そのことを社長に説明したところ……。

社「へぇ……はぁ、ふぅむ、そうなんですか……」

とコメントに窮される社長。。

この面談、山田のボーナスの額に悪影響を及ぼしたのではないか……といまさら不安になっている山田なのでした。

P.S.

これを見た元華族の方、その子孫の方、加えて使用人を務めていた方、その子孫の方etc… いらっしゃいましたら是非ともお話を聞かせてください! ご連絡お待ちしておりますっ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です