ケアマネの独り言

ケアマネ的映画鑑賞記 ~ラースと、その彼女~

今回ご紹介する映画は、ラースと、その彼女(←youtube予告編)。

このパッケージを見てよくあるその辺のB級映画だと思った方、ちょっとまって!

これは実に深い、そして福祉関係、特に認知症の方、妄想を伴う精神疾患をお持ちの方と関わる人にはぜひ見てほしい映画なのです。

 

とある町に住む、優しくてシャイなラース。ほとんど人と関わることなく一人穏やかに暮らしています。

隣に住む兄夫婦はそんなラースを心配していましたが、ある日、ラースが「紹介したい人(彼女)がいる」と言って訪ねてきます。

喜んだ兄夫婦、しかし彼らが対面したのは等身大の人形を彼女として連れてきたラースなのでした……。

 

といった内容。

この映画の素晴らしいところは、ここからの展開。

驚いた兄夫婦が連れて行った病院の医師は、周囲の人がラースの世界に合わせなさい、と指示します。ラースが連れてきた彼女(ビアンカ)をさも本当の人間のように扱いなさい、というのです。

最初は戸惑いつつもビアンカを普通の女の子として接するようになる兄夫婦、やがて兄夫婦は町の人達にも協力を呼びかけ、周囲の人たちはみんな、ビアンカをラースの彼女として接してくれるようになります。

これって、認知症の方、精神疾患がある方との接し方と共通していると思うのです。

相手の世界を否定せずその世界をわかろうとする、他人との関係はそんなところから始まると思います。

例えば山田は龍が如くが大好きです。そして管理者・浅井はフットサルが趣味です。その他、山田と浅井はあまり共通するところはありませんが、互いの違いを否定しあわず尊重し合うことで同じ職場で平和に仕事をしています。

認知症の方、精神疾患の方が相手でも、それは同じだと思うのです。「自分とは違う」「相手がおかしい」という立ち位置からは理解は生まれませんし、理解がなければ到底支援なんてできるはずありません。

相手の世界をわかろうとする姿勢、そして行動によって初めてそういった方の支援ができるのではないかなぁ、と考えさせられました。

ビアンカを通じて周囲の人との関わりを持つようになったラースのその後は、ぜひその目で確認してください。

見始めた時には想像もしなかった感動が訪れるはずです。

ケアマネ的視点

・わかりっこない、そう思える相手でも、その人がいる世界を想像してみる。

・わからなくても、わかろうとし続ける。

・寂しくても人形には恋をしない。

 

職場の環境。

仕事の内容がきつくても、職場の環境や雰囲気が良ければ頑張れる、そんな経験、皆さんにもあるかと思います。

 

居宅介護支援センターまごのて北山は管理者・浅井(♂)と山田(♂)によるむさくるしい事業所ではありますが、大変居心地のいい職場です。

ある日の昼下がり……

山「今日、とあるお宅に訪問した時、ペットのワンちゃんにものすごく吠えられたんですよー」

浅「やばい奴が来たってわかったんちゃいますか?w」

また別の日……

山「そうそう、最近、ちょっと変な事件が多いですよねぇ」

浅「山田さん、捕まらないように気を付けてくださいねw」

 

と、居宅介護支援センターまごのて北山はつらい仕事でも頑張れる職場なのですw

 

モニタリングでのこと。

ケアマネジャーの主な仕事の一つにモニタリング、というものがあります。

毎月一度、ご自宅にお伺いしてお変わりがないか、現在の支援がうまくいっているのか、プランの変更は必要ないか、を確認するというお仕事です。

今月、5月19日の記事でご紹介したご夫妻のところにモニタリング訪問した時のこと。

一通りお仕事的なお話が終わった後、お互いの近況報告をするのが私達の習慣です。

山「最近、PlayStationVRを買ったんです!」

これが山田にとっての一大トピックス。VRとは仮想現実のことで、専用のゴーグルを装着することによりゲームの世界に入り込めるという代物です。

しかしゲームをしないというご夫妻はあまりピンと来られてない様子。

山「で、今やっているゲームがバイオハザード7っていうゲームで……」

と食い下がる山田。

山「チェンソーを持った女の人に襲われるんですけど、ものすごくリアルでとっても怖いんです!」

ちなみにその場面はこんな感じ↓

こんな人がめちゃめゃリアルな感じで自分に迫ってくるというゲームなのですが、

利「へぇー! それ、体験してみたい!

と意外なところで食いついてくださったご本人さん。

好奇心旺盛なところもあるのだなぁ、と新たな一面を発見できたモニタリングでしたw

とあるご夫婦のこと。

よくよく見返すまでもなく、このブログ、全然ケアマネらしいこと書いてない……とこっそり気にしていたので、今回はそれらしいことを書いてみます。

介護保険に関わっていると、ごく普通に暮らしている人よりよく遭遇するが人の死。

私、縁あって、自分とほとんど年の変わらない方の担当になりました(第二号被保険者の方)。

末期の癌であり、最後の時間を過ごすために病院から実家に帰る、という方。

主に連絡を取り合うことになったのはその方のご主人。家で仕事をしつつ奥様のそばで過ごされていました。

予後数週間、と言われていたにもかかわらず数か月、ご実家で頑張られたご本人。しかし、その時は来ました。

私がそれを知ったのは、とある日曜日の電話。

携帯にご主人からの不在着信があり、数時間後に折り返した時のこと。

山「お電話いただきましたか?」

「あ、間違えて押しちゃいました」

山「(え?w)」

夫「あの、実は今日の午前中、妻がなくなりました」

山「……」

あんな時って、本当に言葉が出ないものですね。

ただ、ご主人の声がどこか涼やかだったのが印象的でした。

もし、ご主人の中に『奥様との最後の日々を過ごせたことの満足感があったとすれば、そのお手伝いができていたとすれば、僕はケアマネとしてちゃんと仕事ができたのかなと思います。

初体験。

山田ももういい年です。

だけど、こんな年になっても初めて体験することだってあります。

とある時、ふと訪れた安井の金毘羅さん。縁切り(+縁結び)神社として有名なスポットです。

ここの一番の醍醐味はなんといっても絵馬。

この神社の絵馬は、良縁を願う系20%、悪縁をたたき切りたい系80%っていう感じ。

この溢れ返らんばかりの絵馬、その80%が悪縁退散! 系。

しかもその内容がとっても濃厚。個人情報の保護なんて全く考慮せず(!)、特定の人への恨みつらみが綴られています。

かつての同僚は「あそこに行ったら呪われそう」と言っていましたが、山田は昔からこの絵馬を見るのが好きで、折を見て立ち寄っては世間の人達のダークサイドな一面を見ています。

そして今回、初めて知っている人の名前を見つけました……。

わが目を疑いましたが、やはり、知っている人の名前……。

自分の名前が書きこまれないようにしなきゃ、と肝に銘じた山田でした。

フレキシブルな会社。

居宅介護支援センターまごのて北山は、(株)サクセスフルエイジングによる居宅介護支援事業所です。

サクセスフルエイジングの社長さんは、アクティブでフレキシブルなお人。

今日もお昼時にふらりと居宅の事務所に来てこんなことをいわれました。

「副業okにします!」

巷では副業を良しとする会社が増えている中、その流れに乗るかのような発言。

社長さんはNPO法人を立ち上げ、地域に還元できるような事業をしたいとのこと。

社「山田さん、何かしたいことありませんか?」

と問いかけてくれるではないですか! そこで山田は長年の夢であったあるお仕事の名前を口にしました。

「特殊清掃がしたいです!」

特殊清掃について詳しく知りたい方はコチラ(やや閲覧注意)。

山田が特殊清掃への関心を社長に説明している間、お弁当を食べていた管理者・浅井は「こっちはご飯食べとるんや!」と抗議の声を上げていましたw

さてさて、山田が特殊清掃デビューする日は来るのでしょうか……。

うれしい出来事 ~続・モールスの話題~

ケアマネって、感情労働だったりします。

利用者さんやご家族さん、いろいろな支援者の方々とお会いする時、やっぱりお仕事モードの自分でいなくてはなりません。

でもでも、時には素の自分に戻れる人と出会えることもあります。

それが利用者さんだったりご家族さんだったりすると、なんだかうれしいものです。

今日、そんな出来事がありました。

割とお若めなご本人さん。モニタリング訪問で映画の話題になった時……

山「最近おすすめの映画があるんですよー。多分ご存じないと思いますけど、モールスっていう映画なんです」

「あ、知ってるよ、それ」

山「えええ?」

利「名作だよね。なんせ主演の女の子がいい! キック・アスに出てたあの女の子」

山「そうそうそうそう! 奥さん(同席されてました)、おすすめなのでぜひ見てみてください!」

奥「私、ホラー系は絶対ダメなんです」

利・山「……」

人間は共通するところがある人に親近感を抱くもの。

また一つ利用者さんと仲良くなれた気がした、そして初めてモールスという映画を知っている人に出会えた昼下がりでした。

……ちなみに山田のラインのアンコンはモールスきってのベストシーンを切り取った、この画像です。

 

管理者・浅井に「怖い」と言われまたが、気にせず使ってますw

セクハラ相談窓口。

最近何かと話題のセクハラ問題。

実は不肖山田、当社のセクハラ相談窓口になっております。

というのも、山田がセクハラ問題に精通しているというわけではなく、精神保健福祉士 + ストレスチェック実施者であるため。

メンタル系の資格 + ストレスチェックを担当している = セクハラ相談窓口担当者

という方程式である様子。

ただ、ぽんと役割を付与されただけでは実効性がないので「ポスターでも作るか」と思いたったのが業務に若干余裕があったとある日の16:00。で、パワポと格闘すること小一時間、ポスターを作りました。

これを管理者・浅井にみせたところ……

浅「居宅バージョンを作りましょうよ」

ということになり、取り急ぎ作ったのがこれ。

ここ最近、南斗六聖拳の将星、南斗鳳凰拳のサウザー様にはまっている浅井 + 山田。

このポスターは居宅にこっそり張られることとなりましたとさ。

ケアマネ的映画鑑賞記 ~モールス~

実は山田、それなりの映画好きです。

最近は公休日、日曜日に子供と時間を持て余した時などにレンタルしてきたDVDを見ています。

そのことをうちの某お偉いさんに話したところ「ケアマネ視点で映画を紹介する記事があってもいいかもよ」とのアドバイスをいただき、ただいま絶賛ドはまり中の映画を紹介することとしました。

予告編@youtube

モールス(原題: Let Me In)2010 アメリカ

吸血鬼を題材にした映画です。

いじめられっ子の男の子・オーウェンが住むアパートの隣の部屋に引っ越してきた謎めいた女の子・アビー。少しずつ距離を縮めていく二人は壁越しでも話せるようモールス信号を学びます。それと同時に二人の周辺で猟奇的な殺人事件が発生、オーウェンはアビーが吸血鬼であること、そして彼女が抱えるあまりに深い闇を垣間見ることになり……。

この映画の最もいいところは、吸血鬼を完全なる悲劇として描いていること。

吸血鬼をダークヒーローとしてではなく一つの生命体として扱っているため、ひりひりするほどのリアリティがあります。

もし好きになった人が吸血鬼だったら……そんなifに身に迫るような現実感があるのです。

自分の運命に苦悩するアビー、それを知ったオーウェンの不器用な優しさ、そしてそれらを覆いつくす過酷な現実……きっちり、ばっちり胸を締め付けられます。

ラストは救いがあるようなないような、とても不思議な感触。個人的にはあれでよかったのかなぁ、と思いました。

皆さんはいかがでしょうか?

ケアマネ的視点

・困難な事例を担当する際は協力してくれる人を探す(連携が大切!)。

・自分の力量を知っておく(無理はしない)。

・魅力的な吸血鬼が自分の家に来た時は、ちゃんと招き入れてあげる。

缶詰バー探訪記。

管理者・浅井と二人で出かけたのは新京極付近にある缶詰バー。

うきうきで入店する僕達が出くわしたのはこんな光景でした。

浅・山「おおお……」

そして衝撃的な缶詰を発見 + 経費でお買い上げ。

トドカレー!!

山田にとって、生涯の内に一度でいいから食べてみたかった食べ物の一つ。

これを経費で食べられるなんて! ときめきつつ口の中に入れました僕達。

浅・山「……おおぅ」

トドカレーは逃れようのないゼラチン感と言いようのない臭みにあふれた、デンジャーな缶詰でした。

結局のところ、「缶詰バーは人通りの多い繁華街でこそ収益が見込めるお店である」という見解で一致、まごのて北山居宅による缶詰バー開店は夢に消えたのでした。。